平平MTG日記

フライデーで週1回遊ぶ程度のサラリーマンのMTG日記です。

カテゴリ: スタンダード(ドミナリア)


Channel Fireballで久しぶりにPaulo Vitor Damo da Rosaがドミナリア環境のデッキ案を掲載していました。

Benalish Marshal and Standard Tokens By Paulo Vitor Damo da Rosa

《べナリアの軍司令》を使った白単トークンデッキになります。
jp_sBE1L4b6NN

べナリア・トークン

Benalish Tokens by Paulo Vitor Damo da Rosa
Lands
6 x 平地
4 x 秘密の中庭
4 x 産業の塔
4 x シェフェトの砂丘
4 x 感動的な眺望所

Creatures
4 x 模範的な造り手
4 x ボーマットの急使
4 x 屑鉄場のたかり屋
2 x アダントの先兵
4 x べナリアの軍司令

Spells
4 x 軍団の上陸
4 x 霊気装置の展示
4 x キランの真意号
4 x ウルザの後継、カーン
4 x 征服者の誇り

Sideboard
なし

以下、記事の要約&抜粋。詳細は元記事参照。

トークンを出すカードはいろいろあるけれどそれぞれ種族が違う、ということで種族関係なく自分のクリーチャーを強化できる《べナリアの軍司令》と《征服者の誇り》が採用されています。

《べナリアの軍司令》をフル活用するにはアーティファクトと組み合わせるのがよいだろうということで、《模範的な造り手》が採用されています。アーティファクトが3つ以上並ぶと先制攻撃がつきます。

《キランの真意号》は、《べナリアの軍司令》が出てくると+1/+1されて5/5飛行になります。

《ウルザの後継、カーン》は、マイナス能力でアーティファクトを出せるので《模範的な造り手》と相性がよかったり、プレインズ・ウォーカーなので《キランの真意号》に登場できたりと、このデッキと相性がよいカードになっています。

強いアーティファクト・クリーチャーということで《ボーマットの急使》と《屑鉄場のたかり屋》が採用されており、そのため2色土地や《産業の塔》も採用されています。


白単という点だけみると《べナリア史》は入りそうですが、記事のコメント欄によると動き始めるのが遅いから不採用なのではないかとのことです。

スポンサードリンク


GatheringMagicでAli Aintraziがドミナリア環境の新デッキを3つ公開していました。

Brews by Ali Aintrazi

デッキは、《リッチの熟達》入り白黒《副陽の接近》、《テフェリーの誓い》入りバント・プレインズウォーカー、《ミラーリ予想》入り《首謀者の収得》コントロールです。
以下、元記事からの抜粋&要約。

白黒《副陽の接近》

Sun of a Lich by Ali Aintrazi
Lands
4 x 平地
5 x 沼
2 x オラーズカの拱門
2 x 放棄された聖域
2 x 屍肉あさりの地
3 x 廃墟の地
4 x 秘密の中庭
4 x 孤立した礼拝堂

Creatures
なし

Spells
1 x 新たな信仰
3 x 渇望の時
3 x 残骸の漂着
4 x 致命的な一押し
4 x ヴラスカの侮辱
1 x 橋上の戦い
1 x 闇の取り引き
2 x 燻蒸
2 x 首謀者の収得
3 x 副陽の接近
1 x 排斥
1 x 不敬の行進
2 x リッチの熟達
3 x 封じ込め
1 x 不滅の太陽
2 x 宝物の地図

Sideboard
1 x 副陽の接近
1 x 大災厄
1 x 燻蒸
1 x イクサランの束縛
3 x 領事の権限
4 x 強迫
2 x 豪華の王、ゴンティ
1 x 失われた遺産
1 x 不敬の行進

「あなたはゲームに敗北できない」と書かれた《リッチの熟達》を出し敗北しなくなったところで、《副陽の接近》を決めて勝つデッキです。
jp_jegATwhM27

6マナで《リッチの熟達》、7マナで《副陽の接近》とマナコストが綺麗に繋がります。また、《リッチの熟達》が出ている状態で1枚目の《副陽の接近》を撃って7点回復すれば、《リッチの熟達》の効果で7枚ドローできるためライブラリーに戻った《副陽の接近》がすぐに手札に返ってきます。

《リッチの熟達》は墓地にあまりカードがないときに唱えてしまうと、ダメージを受けた際に手札やパーマネントがなくなってしまうため、ライフが15点以上あって相手の攻撃に耐えられるようなときは唱えないほうがよいとのこと。

《リッチの熟達》の効果でドローするため、《副陽の接近》以外にも《渇望の時》《ヴラスカの侮辱》《燻蒸》《領事の権限》などライフ回復するカードが多く採用されています。

その他、デッキに使われているドミナリアの新カードは以下のとおり。
jp_7F2AdsD5al
jp_OjnAVXQc6n

スポンサードリンク

バント・プレインズウォーカー・コントロール

Bant Superfriends by Ali Aintrazi
Lands
1 x 島
2 x 森
2 x 平地
2 x 内陸の湾港
2 x 天才の記念像
3 x 植物の聖域
3 x 灌漑農地
3 x 陽花弁の木立
4 x 氷河の城砦
4 x まばらな木立

Creatures
なし

Spells
1 x 不撓のアジャニ
1 x ウルザの後継、カーン
1 x 生命の力、ニッサ
2 x ドビン・バーン
2 x ドミナリアの英雄、テフェリー
3 x 試練に臨むギデオン
3 x 自然に使える者、ニッサ

3 x 明日からの引き寄せ
3 x 花粉のもや
3 x 残骸の漂着
2 x 燻蒸
2 x 排斥
2 x テフェリーの誓い
2 x アズカンタの探索
1 x モックス・アンバー
2 x 魔学コンパス
3 x キランの真意号

Sideboard
1 x 排斥
3 x 否認
2 x 俗物の放棄
1 x ウルザの殲滅波
1 x 豊潤の声、シャライ
1 x 周到の神、ケフネト
2 x 封じ込め
1 x 燻蒸
1 x 暗記+記憶
1 x 黎明をもたらす者ライラ

除去でプレインズ・ウォーカーたちを守りつつ、《テフェリーの誓い》を出してアドバンテージをとっていくデッキになります。

jp_L5xAkiAKiW

《テフェリーの誓い》の各プレインズ・ウォーカーの能力を1ターンに2回起動できる効果により、《自然に使える者、ニッサ》が+で占術した後にマイナスでクリーチャーを場に出したり、《ウルザの後継、カーン》で+してーすることで、最初の+で見えた2枚とも手札に加えたりすることができます。
《ドミナリアの英雄、テフェリー》について、+能力で土地が2枚アンタップする効果はインスタントとや瞬速と相性がいいのはもちろん、《花粉のもや》でプレインズ・ウォーカーたちを守ったり、《水没遺跡、アズカンタ》等の能力起動にタップが必要な土地をアンタップするのとも相性がよい能力になります。
jp_HRyhlTHGdU

スポンサードリンク

《首謀者の収得》コントロール

『イクサランの相克』環境の《首謀者の収得》コントロールに、《ミラーリ予想》と《金粉の睡蓮》を足したデッキになります。リストは元記事参照。
jp_olgM5R8jc2

《ミラーリ予想》の1,2番目の能力で、《燻蒸》や《ヴラスカの侮辱》を回収し、3番目の能力で《霰炎の責め苦》をコピーすれば相手を一撃で倒せます。

スポンサードリンク



SCGでBrennan DeCandioがドミナリアの天使たちを使った緑白天使、《ヤヤ・バラード》を使った赤黒コントロール、テフェリー入り青白《副陽の接近》のリストを掲載していました。

Dominating Dominaria by Brennan DeCandio

青白はChannel Fireballでも記事にされていたので、目新しい緑白天使と赤黒コントロールだけ抜粋しています。

緑白天使

G/W Angels by Brennan DeCandio
Lands
9 x 森
6 x 平地
4 x まばらな木立ち
4 x 陽花弁の木立ち

Creatures
4 x 歩行バリスタ
4 x アダントの先兵
4 x 翡翠光のレインジャー
4 x ラノワールのエルフ
3 x 打ち壊すブロントドン
3 x 黎明をもたらす者ライラ
3 x 豊潤の声、シャライ

Spells
2 x 排斥
3 x 封じ込め
3 x イトリモクの成長儀式
4 x スラムの巧技

Sideboard
なし

『イクサラン』環境から存在していた《イトリモクの成長儀式》+《スラムの巧技》によるマナ加速と、ドミナリアで登場した天使を組み合わせたデッキになります。《ラノワールのエルフ》もマナ加速してくれます。

jp_JKoZ9yLSGN
jp_tan6TXUF1y

《黎明をもたらす者ライラ》と《豊潤の声、シャライ》は伝説のクリーチャーなので多くを引きたくはありません。そこで、《イトリモクの成長儀式》を入れて探してこれるようにすることで、デッキに入れる枚数を3枚に減らしているとのことです。

反転した《イトリモクの成長儀式》から大量に出るマナは、《歩行バリスタ》に注ぎ込みます。

スポンサードリンク

赤黒コントロール

R/B Control by Brennan DeCandio
Lands
8 x 山
8 x 沼
1 x オラーズカの拱門
4 x 泥濘の峡谷
4 x 竜髑髏の山頂

Creatures
なし

Spells
4 x 反逆の先導者、チャンドラ
3 x ヤヤ・バラード
2 x 原初の呪物
3 x 削剥
2 x 致命的な一押し
3 x マグマのしぶき
4 x ヴラスカの侮辱
2 x ヤヤの焼身猛火
4 x 安堵の再開
2 x 木端+微塵
3 x 大災厄
2 x 焼けつく双陽
1 x 霰炎の責め苦

Sideboard
なし

『イクサラン』時代からある、《原初の呪物》が反転した《原初の水源》で《霰炎の責め苦》を唱えて相手を一撃で倒すデッキに、《ヤヤ・バラード》や《ヤヤの焼身猛火》を入れたデッキになります。

jp_JRkrhSSXHo
jp_i7CwAMKRUu

このデッキのフィニッシャーは《霰炎の責め苦》とドミナリアから追加となる《ヤヤの焼身猛火》に依存しているため、相手のカウンター呪文を手札から追放できるようメインから《大災厄》を入れています。

Xマナ呪文をより大きな値で唱えるため、+能力でマナを出せるチャンドラとヤヤが採用されています。
メインデッキにはクリーチャーが1体も入っておらず相手の除去を腐らせることができるため、メインではその分のアドバンテージがあります。サイドボード後は、クリーチャーを入れる変形サイドボードも考えられるとのことです。

私も昔、グリクシス・アミュレットを使っていましたが、《削剥》により一瞬で《原初の呪物》が割られてしまうので、ちょっと使ってデッキを崩してしまいました。
チャンドラとヤヤを入れることで《原初の呪物》への依存度が下がっているのであれば、ドミナリアによって強化されるデッキになるかもしれません。


スポンサードリンク

Star City GamesでBen Friedmanが《ラノワールのエルフ》入りのバント《王神の贈り物》について記事にしていました。
Dominaria's Greatest Hits by Ben Friedman

以前の記事でスゥルタイ《王神の贈り物》について記事にしたから、今回はバントについてざっくり考えてみたぜ的な記事です。(ちなみに、ドミナリアで対抗色チェックランドが入るので、ティムールやスゥルタイが強くなるのではとのこと)

Bant Gift by Ben Friedman
Lands
5 x 森
2 x 島
4 x 霊気拠点
4 x 植物の聖域
4 x 内陸の湾港
3 x まばらな木立ち

Creatures
4 x 歩行バリスタ
4 x 発明の天使
4 x 機知の勇者
4 x ラノワールのエルフ
4 x 査問長官
4 x 導路の召使い
3 x 打ち壊すブロントドン
3 x 戦利品の魔道士
2 x 多面相の侍臣

Spells
4 x 来世への門
2 x 王神の贈り物

Sideboard
3 x 沈黙の墓石
1 x 打ち壊すブロントドン
4 x 領事の権限
2 x 排斥
1 x 本質の散乱
2 x 否認
2 x 呪文貫き

緑を使う理由は《打ち壊すブロントドン》で、《王神の贈り物》同型に強い点だそうです。

また、《ラノワールのエルフ》がいることで、2ターン目に《来世への門》をキャストしたり、《機知の勇者》を6ターン目に永遠で場に出せたりします。

《来世への門》の能力を起動するためには墓地に6体以上のクリーチャーが必要ですが、《ボーマットの急使》や《狂信的扇動者》がいないため、赤青に比べて《来世への門》の能力を起動するのは遅くなるかもしれません。(《導路の召使い》がエネルギーを供給してくれるので、《査問長官》でガンガン墓地に落として意外と早く《王神の贈り物》が出てくるのかもしれませんが)

個人的には、緑では《翡翠光のレインジャー》など探検持ちを組み合わせる構築があるかと思っています。

スポンサードリンク

緑単ガルタ

Twitterで拾ったデッキリスト。ルームメイトと2時間ほど議論した結果だとか。

Stompy
Lands
14 x 森
4 x ハシェプのオアシス地

Creatures
4 x 造命の賢者、オビア・パースリー
4 x ラノワールのエルフ
4 x 立て直しのケンラ
4 x ピーマの改革派、リシュカー
4 x 鉄葉のチャンピオン
2 x 不屈の神、ロナス
4 x 原初の飢え、ガルタ

Spells
4 x 冒険の衝動
3 x 顕在的防御
4 x モックス・アンバー
3 x ロナス最後の抵抗
2 x キランの真意号
 
Sideboard
なし



元々18枚だった土地を削って、《ラノワールのエルフ》と《モックス・アンバー》を入れた構成になっています。また、新しいプレビューカードとしては《冒険の衝動》が採用されています。
jp_upFRF3yBQk

スポンサードリンク

公式プレビュー

Luis Scott-Vargasによる『歴史的』についての考察記事(というほど濃い記事でもない)。
実践的歴史

動画でドミナリアの歴史とかを教えてくれるシリーズの第3弾が公開。


開発秘話も公開されました。
Making Magic -マジック開発秘話-(歴史的な話)
記事中でムルタニが公開されています。
DaWRU6dXUAAdq4A

私たちが知っていたムルタニはこちら。ムルタニに何があったのか分かりませんが、なんかもう全体的に変わってしまいました。
ashx

また、マーク・ローズウォーターがツイッターでカードを紹介していました。2マナ2/2で、キッカーで5マナ5/5になるという割と現実的なコストのやつが出てきました。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ