平平MTG日記

フライデーで週1回遊ぶ程度のサラリーマンのMTG日記です。

カテゴリ: その他

東京mtgで10月20日にサイン会があります。

3人ともグランプリ名古屋に来てくれるアーティストです。私は名古屋に行けなかったので東京mtgにサインをもらいに行こうと思います。

何を予約しているのか不明だったので電話で聞いたところ、10分単位で販売している個人セッションの予約を受け付けているそうです。
個人セッションは(たしか)13時から15時と17時から19時の間とかで(←メモをとってなかったので時間はうろ覚え)、ちょっとサインが欲しいだけの人はアーティストの休憩もはさみつつ、その合間にサインをもらう形になるとのこと。
20日が近づいたら、正式なスケジュールが東京mtgのTwitterで周知されるかと思います。

Titus Lunter

『ラブニカのギルド』の《寺院の庭》や『基本セット2019』ストアチャンピオンシップのプレイマットの人。
・カード一覧:Gathererはこちら。BigMagicはこちら
・Twitter:@TitusLunter
・アーティスト公式ページ:http://www.tituslunter.com
・Kicksterterはこちら

Anna Steinbauer

《最後の望み、リリアナ》の人。
・カード一覧:Gathererはこちら。BigMagicはこちら
・Twitter:@depingo
・アーティスト公式ページ:http://www.annasteinbauer.com

Suzanne Helmigh

マツコ・デラックスのイラストの人。
・カード一覧:Gathererはこちら、BigMagicはこちら
・ツイッター:@SHelmigh
・アーティスト公式ページ:多分なし。https://www.artstation.com/suzannehelmighとかはありました。
jp_CZJNgMGDB2

スポンサードリンク

べナリア史、副陽の接近、地平線の梢などを描いているNoah Bradley (ノア・ブラッドレイ)が、メールでカードを郵送したらサインしてくれるサービスを開始しました。

Mailed-in Card Signatures By Noah Bradley for Magic: The Gathering

サインは1枚4ドル(返送の手間とかかかるので値段が高め)で、最低25枚から。1枚のカードを送ってそこに25個サインしてもらうことも可能とのこと。

上記サイトでは10万円くらいする《べナリア史》のプリントも売ってます(限定10個)。
History-of-Benalia_limited-edition

本人のプレイマットも売ってます。
Noah-Bradley_sexy-beach-noah_playmat-preview_400x

スポンサードリンク

いよいよ世界選手権が開幕します。
ちなみに私はFireStickをTVにさしているのでTVでTwichを観る派です。



イベントカバレージ

イベントカバレージはこちら

デッキリスト

参加選手のデッキリストが公開されました。
選手権2018 参加全プレイヤーデッキリスト(スタンダード)

行弘プロの失格について

第14回戦での失格処分について


スポンサードリンク

多言語版ですが駿河屋でイクサランの相克が安売りしてました。

スペイン語版が1箱6,190円です。
新品トレカ(マジックザギャザリング)【ボックス】MTG イクサランの相克 ブースターパック スペイン版

ポルトガル語版が1箱6,280円です。
新品トレカ(マジックザギャザリング)【ボックス】MTG イクサランの相克 ブースターパック ポルトガル版
ドイツ語版が1箱6,380円です。
新品トレカ(マジックザギャザリング)【ボックス】MTG イクサランの相克 ブースターパック ドイツ版

ロシア語版が1箱6,690円です。
新品トレカ(マジックザギャザリング)【ボックス】MTG イクサランの相克 ブースターパック ロシア版

駿河屋は「破滅の刻」のボックスも以前これくらいの値段で売っていた時期がありましたが、一度売り切れた後は元の値段に戻っていました。

スポンサードリンク

マジック・ザ・ギャザリング25周年記念で、以下の内容の本が9月11日に発売されます。値段が4千円近いので買おうか迷ったのですが、せっかくだし、ストーリーなどが分かりやすく整理されていることを期待して1冊買ってみようかと思います。

過去に発売された全エキスパンションのストーリーと主要な登場人物を紹介、さらに同時期の環境で活躍したカードもあわせて掲載。
さらに『マジック』の世界を構成する多元宇宙の歴史やプレインズウォーカーの生い立ちから現在の姿までを詳細に解説。
 また殿堂顕彰者をはじめとする著名プレイヤー、ショップ関係者、ジャッジ、ユースアンバサダー、ウィザーズスタッフなど『マジック』にかかわるさまざまな人へのインタビューや『マジック』翻訳に携わった朱鷺田祐介氏の手記なども掲載します。
 90年代、2000年代、2010年代、あらゆる時代を網羅した、すべての『マジック』プレイヤーに贈る記念碑的な1冊です!



スポンサードリンク

↑このページのトップヘ