『ドミナリア』環境の《転生するデアリガズ》を使用したデッキです。

jp_vGthAcPosJ



『ドミナリア』環境のデッキまとめページはこちら

ジャンド・ミッドレンジ

デッキリスト

Jund Monster by Tobisawa Takenori
Lands
4 x 霊気拠点
4 x 花盛りの湿地
1 x 泥濘の峡谷
4 x 竜髑髏の山頂
2 x 森
1 x 山
4 x 根縛りの岩山
3 x 隠れた茂み
1 x 沼
1 x 森林の墓地

Creatures
2 x 媒介者の修練者
3 x 導路の召使い
3 x 翡翠光のレインジャー
2 x 打ち壊すブロントドン
3 x 再燃するフェニックス
1 x 刃の翼ヴェリックス
3 x 栄光をもたらすもの
1 x 転生するデアリガズ
2 x 歩行バリスタ

Spells
3 x 削剥
2 x マグマのしぶき
2 x 捲土+重来
2 x ヴラスカの侮辱
3 x 反逆の先導者、チャンドラ
2 x 生命の力、ニッサ
1 x 秘宝探究者、ヴラスカ
 
Sideboard
2 x ピア・ナラー
1 x 打ち壊すブロントドン
2 x 大災厄
2 x 強迫
2 x ヤヤの焼身猛火
1 x アルゲールの断血
2 x 炎鎖のアングラス
2 x ウルザの後継、カーン
1 x 死の権威、リリアナ



解説

晴れる屋の平日大会で3-0していたリスト。

《ラノワールのエルフ》がいないので1マナ→3マナの動きはできませんが、《導路の召使い》で色事故を減らしつつ3ターン目から4マナのクリーチャーを展開していきます。

《刃の翼ヴェリックス》が1枚だけ入っていますが、相手が《ヴラスカの侮辱》を撃ってくるデッキの場合には《再燃するフェニックス》よりもこちらをキッカー付きで唱えたほうが強いと考えたのかもしれません。
《転生するデアリガズ》《栄光をもたらすもの》《刃の翼ヴェリックス》でドラゴンデッキになっており、リストを見ているだけでワクワクします。霊気紛争に《無秩序街の主》というドラゴンもいますが、このリストではどちらの能力も活かせなそうなのでさすがに不採用です。

サイドボード後はプレインズ・ウォーカーが6種類も投入されたジャンド・スーパーフレンズになる点もワクワクします。

《転生するデアリガズ》や《栄光をもたらすもの》は速攻を持っているため、《死の権威、リリアナ》の-3能力(墓地から場に戻す暴力)とも相性がよいカードとなっています。

スポンサードリンク


ジャンド・ミッドレンジ

出典:Deep Tracks: Darigaaz by John Messner

デッキリスト

Jund Midrange by Elixir99
Lands
4 x 霊気拠点
4 x 花盛りの湿地
3 x 竜髑髏の山頂
3 x 森
4 x 山
3 x 根縛りの岩山
3 x 沼

Creatures
4 x ラノワールのエルフ
4 x 光袖会の収集者
4 x 歩行バリスタ
1 x ピア・ナラー
1 x 再燃するフェニックス
1 x 栄光をもたらすもの
1 x 転生するデアリガズ

Spells
3 x 反逆の先導者、チャンドラ
1 x 秘宝探究者、ヴラスカ
4 x 致命的な一押し
2 x 削剥
1 x 喪心
4 x 蓄霊稲妻
3 x 稲妻
2 x ヴラスカの侮辱
 
Sideboard
4 x 強迫
2 x スカラベの饗宴
1 x 帰化
1 x 大災厄
2 x 焼けつく双陽
1 x 打ち壊すブロントドン
2 x ヴラスカの侮辱
1 x 炎鎖のアングラス
1 x 殺戮の暴君



解説

MTG Goldfishの各フォーマットにおけるデアリガズを使用したデッキの特集記事から。

序盤は大量の軽量除去で時間を稼ぎ、中盤から1枚挿しの強力なカードを叩きつけていくデッキです。

マナ基盤を安定させるために《霊気拠点》を採用し、《蓄霊稲妻》や《光袖会の収集者》といったエネルギーテーマも取り入れています。

スポンサードリンク