『ドミナリア』環境の「ゼウス・サイクル」のリストです。

「ゼウス・サイクル」のデッキの動きについては以下を参照。
岩SHOWの「デイリー・デッキ」:ゼウス・サイクル(スタンダード)


『ドミナリア』環境のデッキまとめページはこちら

5色・新たな視点

出典:A New Perspective on New Perspectives by Soh Weng Heng

デッキリスト


New Perspectives by Soh Weng Heng
Lands
2 x 霊気拠点
4 x 異臭の池
4 x 森
4 x 灌漑農地
1 x 島
1 x 山
1 x 平地
4 x まばらな木立
3 x 隠れた茂み
1 x 沼

Creatures
4 x シェフェトのオオトカゲ
4 x 砂時計の侍臣

Spells
1 x 副陽の接近
3 x 排斥
3 x 検閲
1 x 暗記+記憶
2 x 相殺の風
4 x 楽園の贈り物
4 x 花粉のもや
4 x 新たな視点
3 x 葬送の影
3 x 焼けつく双陽

Sideboard
3 x イフニルの魔神
2 x ドレイクの安息地
3 x 燻蒸
2 x 否認
2 x 残骸の漂着
2 x ドミナリアの英雄、テフェリー
1 x 蝗の神

解説

『ドミナリア』発売でもメインボードは特に変わっていないデッキですが、プロツアー直前にしていくつかの記事で紹介されていました。
Four Test Brews From Pro Tour Dominaria by Riley Knight
On The Eve Of The Standard Pro Tour by BEN FRIEDMAN

上記リストはmtgmintcatdで紹介されていたリストで、《副陽の接近》を勝ち筋とした、《信者の確信》が不採用のリストになっています。記事中にはプレイ動画もあります。

このリストで特徴的なのはサイドボードの《ドミナリアの英雄、テフェリー》と《蝗の神》でサイドボード後は《ドレイクの安息地》や《イフニルの魔神》と合わせてサイクリング・コントロールになります。

《ドミナリアの英雄、テフェリー》の+1能力を使った後にアンタップする土地に《楽園の贈り物》にエンチャントされた土地を選べばマナを多く残すことができます。

また、《ドレイクの安息地》からブロッカーが出てくるので、《ドミナリアの英雄、テフェリー》を守りやすくなっています。

《蝗の神》はドローするたびに蝗トークンが出てくるため、サイクリングやテフェリーの+1能力と相性のよいカードになります。

スポンサードリンク