『ドミナリア』環境のグリクシス・コントロールです。




『ドミナリア』環境のデッキまとめページはこちら

グリクシス・コントロール

出典:The Flaws Of U/W Control by SHAHEEN SOORANI

デッキリスト

Grixis Control by Shaheen Soorani
Lands
5 x 島
2 x 山
1 x 沼
4 x 霊気拠点
4 x 泥濘の峡谷
4 x 水没した地下墓地
1 x 異臭の池
2 x 廃墟の地
4 x 硫黄の滝

Creatures
4 x 奔流の機械巨人
2 x スカラベの神

Spells
2 x 削剥
3 x 検閲
3 x 不許可
3 x 本質の散乱
4 x 天才の片鱗
4 x 蓄霊稲妻
4 x ヴラスカの侮辱
2 x アズカンタの探索
2 x 破滅の刻

Sideboard
3 x 光袖会の収集者
3 x つむじ風の巨匠
2 x マグマのしぶき
1 x 渇望の時
3 x 否認
1 x アルゲールの断血
1 x 大災厄


解説

グリクシス・コントロールが大好きな(想像)Shahen SooraniがSCGでグリクシス・コントロールのリストを掲載していました。

以下、記事の抜粋&要約。

最近のコントロールといえば白が入っていますが、《ドミナリアの英雄、テフェリー》は「ここしばらくの間でベストなコントロール向けプレインズ・ウォーカー」とのことですが、《黎明をもたらす者、ライラ》については「当初思っていたほどではなく、除去を積んで対策されているし、対赤単では必須だけど赤単はトップメタにいない」とのことです。

また全体除去については、赤単が隆盛していない今、《巻きつき蛇》やトークン等に強い《ヤヘンニの巧技》が相対的に強くなり、《破滅の刻》はテフェリーごと盤面を一層することができます。
《残骸の漂着》はベターだけれど、そのために白を選ぶほどではないようです。

《スカラベの神》については、ドミナリアで相対的に弱くなったという人たちがいるけど、クリーチャーデッキがある限り、最強カードなのは変わらないとのことです。また、《検閲》についても、最近は不採用のリストのコントロールがありますが、序盤にカウンターできて後半はサイクリングで入れ替えできるという点から採用しないのは間違いだと考えています。

ドミナリア・シングルカード通販

スポンサードリンク