新しくデッキを組んでいる時間がなかったので、ドミナリア発売前から組んでいたエスパー副陽に《ドミナリアの英雄、テフェリー》と《封じ込め》を足しただけのデッキでフライデーに行ってきました。(《副陽の接近》は2枚に減らしました。)

《副陽の接近》が入っているのは趣味で、エスパーなのは、《奔流の機械巨人》で《ヴラスカの侮辱》をフラッシュバックできるのと、《強迫》で相手の手札を見たいからと、《悪意の騎士》に《致命的な一押し》を撃てるからです。

デッキリストは適当なでここに書くのも恥ずかしいので割愛。
《黎明をもたらす者、ライラ》は通販で頼んだけど間に合わなかったので入っておらず。


以下、レポート。

1回戦 vs 青白コントロール OO
青白コントロールに《副陽の接近》がメインから1枚入っていました。

試合後のフリープレイで7ターン目に《副陽の接近》を唱えたときに、「私ほどの副陽使いだど1枚挿しでも7ターン目に唱えることができるんですよ」とニヤニヤしながら言っていました

1本目
相手は《イプヌの細流》4枚とか《シフェトの砂丘》が入っており、ライブラリーアウトを狙ってドロー・ゴーしてきました。

こちらは《イプヌの細流》が2枚しか入っていないので《副陽の接近》で勝つしかありません。ということで、手札がかさばってきた頃に1枚目を撃って、手札に《不許可》が3枚溜まった頃に2枚目を撃ったらカウンター合戦で勝利し勝ち。

《副陽の接近》の1枚目はカウンターされたので、2枚入れておいてよかったです。

2本目
こちらの土地がしばらく3枚くらいで止まっていたのですが、《強迫》で相手のテフェリーを落とし、《本質の散乱》で相手の《黎明をもたらす者、ライラ》を打ち消し、《べナリア史》のトークンは《奔流の機械巨人》で足止めしていたら延命できてしまい、最終的にこちらのテフェリーの奥義を撃つところまでいけてしまい勝ちました。

《強迫》強し。

2回戦 vs 赤青ウィザード XOO
一般的なリストよりもクリーチャーを減らしてカウンターを増やし、青白コンを標的にした構成とのこと。
1本目
こちらが色事故し、手札に《ヴラスカの侮辱》を3枚抱えたまま黒黒が出ずに《燃えがらの風、エイデリズ》等に殴りきられておしまい。

2本目
《没収の曲杖》を2枚出されて《奔流の機械巨人》がただの瞬速持ちになってしまうが、場に2体出すことができたので、相手の小粒なクリーチャーを除去したりカウンターしつつ《奔流の機械巨人》2体でアタックし続けて勝ち。接戦。

3本目
相手がしばらく山1枚で止まっていたので、さすがに勝ち。

3回戦 vs 赤黒アグロ XX
1本目
後手かつ最初にタップイン土地3連続してしまい、2ターン目に《本質の散乱》を撃つこともできず相手の展開を許してしまい負け。

2本目
土地が6枚で止まってしまい、《副陽の接近》を撃てずに負け。相手のクリーチャーは墓地から戻ってきた赤ケンラ以外は処理済だったので、ライラさえあればという展開でした。

4回戦 不戦勝
相手が(多分)全部で3回戦だと勘違いして帰ってしまったので勝ち。


最終順位は2位で、プロモ(シャナ)ゲット。金額的にはたいしたことなくても、プロモ貰えると小さな幸せを感じます。ちなみに、3種類のプロモの配り方は店舗が決めてよいみたいです。

スポンサードリンク