『ドミナリア』環境の、《約束の刻》を使った《副陽の接近》デッキです。


『ドミナリア』環境のデッキまとめページはこちら

緑白タッチ黒・副陽の接近

デッキリスト


GW Approach by Conley Woods
Lands
2 x オラーズカの拱門
2 x 廃墟の地
3 x 森
3 x ハシェプのオアシス
1 x イフニルの死界
4 x 平地
2 x まばらな木立ち
2 x 屍肉あさりの地
3 x シェフェトの砂丘
3 x 陽花弁の木立ち

Creatures
なし

Spells
3 x 封じ込め
4 x 宝物の地図
3 x 砂漠の拘留
4 x 楽園の贈り物
4 x 排斥
4 x ウルザの後継、カーン
2 x 燻蒸
4 x 約束の刻
2 x 秘宝探究者、ヴラスカ
2 x 不撓のアジャニ
3 x 副陽の接近

Sideboard
1 x 砂漠の拘留
1 x 神聖の発動
4 x べナリア史
2 x イクサランの束縛
1 x 燻蒸
1 x 残骸の漂着
1 x サンドワームの収斂
2 x 生命の力、ニッサ
2 x 魔術遠眼鏡

解説

Conley WoodsがTwichで配信していたリストです。


メインボードは《開拓+精神》をやめて《楽園の贈り物》を採用し、《ドミナリアの英雄、テフェリー》をやめて《ウルザの後継、カーン》や《不撓のアジャニ》を採用しています。

パーマネントが多いため、《不撓のアジャニ》の+2能力は1〜2ドローさせてくれます。

配信を見ていましたが、マナが大量に出る後半は《副陽の接近》と《不撓のアジャニ》を同じターンに唱えるなど、コストが大きいカードを複数枚同一ターンに唱えることができるようになるため、相手が打ち消しなどの対策を持っていなければ一気にマウントをとることができます。

《秘宝探究者、ヴラスカ》は、《排斥》4枚だけでは足りない青白系のコントロール相手にエンチャント破壊能力が活躍していました。

スポンサードリンク


バント・副陽の接近

出典:Jim VS Brad: Bant Approach VS W/B Vehicles - Round 5!

デッキリスト


Bant Approach by Jim Davis
Lands
2 x 森
1 x 島
2 x 平地
1 x オラーズカの拱門
3 x 植物の聖域
2 x 不屈の砂漠
1 x ハシェプのオアシス
4 x イプヌの細流
4 x 灌漑農地
1 x まばらな木立ち
1 x 屍肉あさりの地
1 x シェフェトの砂丘
3 x 陽花弁の木立ち

Creatures
なし

Spells
2 x ドミナリアの英雄、テフェリー
3 x 魔学コンパス
2 x 排斥
2 x イクサランの束縛
4 x 封じ込め
2 x 本質の散乱
3 x 残骸の漂着
1 x アズカンタの探索
4 x 副陽の接近
3 x 燻蒸
4 x 約束の刻
4 x 開拓+精神

Sideboard
2 x 殺戮の暴君
1 x 領事の権限
3 x 砂漠の拘留
1 x ジェイスの敗北
3 x 帰化
3 x 否認
2 x 黎明をもたらす者、ライラ

解説

《約束の刻》は単にマナ加速をするだけでなく、ゾンビによる時間稼ぎや状況に応じて必要な土地を持ってくることもするコントロールデッキ。

ドミナリアの《灰からの成長》を入れて青をカットした白緑の構成にする案もありますが、このリストでは《ドミナリアの英雄、テフェリー》も採用するため青は残しています。Jim Davisの当初のリストから、テフェリーの枚数も増えています。

《副陽の接近》を4枚採用しているので、《副陽の接近》にとって最強の流れである2ターン連続《副陽の接近》を決めやすくなっています。
このデッキと白黒機体の対戦動画を以下で見ることができます。
Jim VS Brad: Bant Approach VS W/B Vehicles - Round 5!
スポンサードリンク