『ドミナリア』環境の苗木デッキです。


『ドミナリア』環境のデッキまとめページはこちら

黒緑苗木

出典:Budget Magic: $80 (35 tix) Saprolings (Standard) by SaffronOlive

デッキリスト


Saprolings by SaffronOlive
Lands
1 x オラーズカの拱門
2 x 廃墟の地
6 x 森
4 x 花盛りの湿地
6 x 沼
4 x 森林の墓地

Creatures
4 x 金属ミミック
4 x 胞子冠サリッド
2 x 密航者、スライムフット
4 x ヤヴィマヤの苗飼い
4 x 若葉のドライアド

Spells
2 x 顕在的防御
4 x 致命的な一押し
4 x 苗木の移牧
4 x 胞子の大群
2 x ヴラスカの侮辱
2 x 霊気圏の収集艇
1 x 菌類の勢力範囲

Sideboard
3 x 強迫
1 x 菌類感染
1 x 形成師の聖域
2 x アルゲールの断血
1 x 英雄的介入
2 x 帰化
1 x 不純な捧げ物
2 x 黄金の死
2 x 失われた遺産

解説

苗木デッキは環境初期にMOで何度か5-0していたのを目にしました。上記はMTG Goldfishの低予算デッキのコーナーから持ってきたリストです。

記事中には、低予算、超低予算、予算制限なしの3バージョン掲載されており、上記は予算制限なしバージョンです。

以下、記事の抜粋&要約。

1/1の苗木トークンたちを多く並べてロードで強化するデッキです。《金属ミミック》は序盤に出せば後続の苗木に永続的に+1/+1修正がかかるというメリットがある一方で終盤に出してもあまり役に立たないというデメリットがあります。一方、《胞子冠サリッド》は自身が場にいないと+1/+1修正をかけれませんが、後から出しても役にたつというメリットがあります。

《胞子の大群》は何気にインスタントなので、相手がアタックしてから出せたりするため、思ったよりも便利とのことです。

盤面が膠着して苗木でアタックできない状況になったときのバックアッププランとして、《密航者、スライムフット》と《菌類の勢力範囲》があります。
jp_a4WLRpRqbzjp_8X25p44fWK

相手が《黄金の死》とかでこちらの苗木を全滅させにきたら、スライムフットの能力で相手のライフを吸い付くします。また、《菌類の勢力範囲》があればみずからトークンを生贄に捧げてドレインしつつドローもすることができます。

個人的に、プレリではスライムフットが除去できなくて、トークンのチャンプアタックでドレインしつくされることが何度かあったのでスライムフットが憎いです。


スポンサードリンク