『ドミナリア』環境のウィザード果敢デッキのリストです。


『ドミナリア』環境のデッキまとめページはこちら

赤青ウィザード果敢

出典:My Heart Says "Adeliz, The Cinder Wind," But My Head Says...

デッキリスト


U/R Wizards by Jim Davis
Lands
4 x 島
8 x 山
4 x 尖塔断の運河
4 x 硫黄の滝

Creatures
2 x 狂信的扇動者
4 x ギトゥの溶岩走り
4 x 損魂魔道士
4 x 呪文織りの永遠衆
3 x 燃えがらの風、エイデリズ

Spells
4 x 選択
4 x ショック
3 x 大将軍の憤怒
4 x 稲妻の一撃
4 x 魔術師の稲妻
4 x 謎変化

Sideboard
2 x 呪文貫き
3 x 削剥
2 x 凶兆艦隊の向こう見ず
3 x 否認
2 x ゴブリンの鎖回し
3 x カーリ・セヴの巧技

解説

Jim DavisがMOのリーグ戦で5-0していたリストです。他の日に別の人も同じリストで5-0していました。
《燃えがらの風、エイデリズ》を使いたいところがスタート地点のようです。
jp_l6m9RXKkCk

以下、本人による解説記事の抜粋&要約。

これまでの果敢デッキは、果敢を持っているというだけで互いにシナジーがありませんでしたが、今の果敢デッキには『ドミナリア』が加わったことで「ウィザード」シナジーが生まれて強化されました。

デッキの基本的な動きは赤単アグロと同じく軽量クリーチャーで殴っていきますが、赤単アグロとは違って火力呪文を多く搭載しているとのことです。

《損魂魔道士》は、-1/-1カウンターを乗せる能力によりハゾレト等の破壊不能のクリーチャーにも対処できるし、《黎明をもたらす者ライラ》や《霊気圏の収集艇》といったサイズが大きいクリーチャーを対処可能なサイズにまで小さくすることができます。

他の1マナクリーチャーについて、《ギトゥの溶岩走り》はタフネスが2あって《ゴブリンの鎖回し》等でやられないのが偉いため採用。《狂信的扇動者》は、もっと1マナが欲しい&《ラノワールのエルフ》等を除去できるということでウィザードはないけれど採用。

《ボーマットの急使》は攻撃を通しづらいデッキなので不採用、《セイレーンの嵐鎮め》は1ターン目に出そうとするとマナベースに負担がかかるので不採用とのことです。

火力は全て、本体にも叩き込める呪文になっています。

アグロデッキなのに《選択》が入っているのはマナフラ防止のためです。

《大将軍の憤怒》は単体では微妙なカードだけども、このデッキではパワーが2から4のクリーチャーたちが相手のブロッカーを先制攻撃で倒してくれます。
jp_5aIZQTOAEW

サイドボードについて、MVPは《カーリ・ゼヴの巧技》で、相手の《鉄葉のチャンピオン》《再燃するフェニックス》《栄光をもたらすもの》などを奪った挙句、《カーリ・ゼヴの巧技》の効果で唱えた呪文でもさらに果敢が誘発して一気にケリをつけてくれます。

スポンサードリンク