『ドミナリア』環境の《王神の贈り物》デッキです。


『ドミナリア』環境のデッキまとめページはこちら

黒緑ギフト

出典:The Gift of Exploration

デッキリスト

BG Gift by reisenza
Lands
4 x 花盛りの湿地
8 x 森
2 x イフニルの死界
4 x 沼
4 x 森林の墓地

Creatures
4 x ラノワールのエルフ
4 x 帆凧の掠め盗り
4 x マーフォークの枝渡り
4 x 探究者の従者
4 x 翡翠光のレインジャー
4 x 貪欲なチュパカブラ
2 x ヤヴィマヤの化身、ムルタニ
2 x 新緑の機械巨人
4 x 歩行バリスタ

Spells
4 x 来世への門
2 x 王神の贈り物

Sideboard
2 x 豪華の王、ゴンティ
2 x 遺跡の略奪者
2 x 打ち壊すブロントドン
4 x 野茂み歩き
2 x ヴラスカの侮辱
3 x 強迫

解説

gatheringmagic.comの今日のデッキ紹介的なコーナーから。

津村プロもMOで5-0し、黒緑が結構強かった的なことを言っていました

黒を加えることで《機知の勇者》は失ってしまいましたが、青緑の弱点である除去がない点を《貪欲なチュパカブラ》で補うことができるようになりました。

《帆凧の掠め盗り》は、相手の打ち消しやアーティファクト破壊等を追放することで、《王神の贈り物》を守ってくれます。

また、《探究者の従者》により探検持ちクリーチャーが増えているため、サイドボードの《野茂み歩き》が青緑以上に有効に使えます。

スポンサードリンク

青緑ギフト

出典:U/G Gifts in Standard by Lee Shi Tian

デッキリスト

UG Gift by Jason Chung
Lands
4 x 霊気拠点
4 x 植物の聖域
7 x 森
2 x 内陸の湾港
4 x イプヌの細流
1 x 島

Creatures
4 x ラノワールのエルフ
2 x 査問長官
3 x 光集めの鶴
4 x マーフォークの枝渡り
4 x 機知の勇者
4 x 翡翠光のレインジャー
1 x 多面層の侍臣
4 x 新緑の機械巨人
2 x ヤヴィマヤの化身、ムルタニ
4 x 歩行バリスタ

Spells
4 x 来世への門
2 x 王神の贈り物

Sideboard
1 x 造命師の動物記
4 x 否認
2 x 自然に仕える者、ニッサ
3 x 打ち壊すブロントドン
1 x 多面層の侍臣
4 x 野茂み歩き

解説

Jason Chungがプロツアーで使用した青緑《王神の贈り物》について、mtgmintcardでLee Shi Tianが解説記事を書いていました。

以下、記事の抜粋&要約。

このデッキは緑のクリーチャーでアグロデッキのように振舞いつつ、探検で墓地を肥やして《来世への門》につなげます。

《ヤヴィマヤの化身、ムルタニ》はパワーが大きくなるため、赤青《王神の贈り物》における《戦闘の祝賀者》の代わりのダメージ源となります。
jp_auISUzvrw8

このデッキでは戦闘で相打ちしたりすることで墓地にクリーチャーを送り込んで行くため、自分でライブラリーを削る必要がなく、《査問長官》の枚数が2枚と少なくなっています。0枚ではなく2枚なのは、1マナのクリーチャーを増やすためです。

《光集めの鶴》は《来世への門》だけでなく《新緑の機械巨人》等のアーティファクトを探してくれますが、《光集めの鶴》を採用するためにはアーティファクトは14枚必要とのことです。また、《新緑の機械巨人》で《光集めの鶴》に+1/+1カウンターを乗せて空から殴り勝ったゲームも多いようです。


また、プロツアーでLee Shi Tianがこのデッキを使わなかった理由についても書いていました。

1.相手の脅威に対して対処するカードが入っていない。
・相手より優位にたち続けないといけないデッキで、いったん劣勢に回ったら挽回できない。
・《損魂魔道士》に対処できない。
・《キランの真意号》、《再燃するフェニックス》、《栄光をもたらすもの》といった飛行クリーチャーに対処できない。
・《巻きつき蛇》を除去できない。

2.だったら緑単のほうが強い。

3.《削剥》《打ち壊すブロントドン》《排斥》など環境にはアーティファクトに対処するカードが多い


一方で、Jason Chungは赤系デッキにプロツアーで6-1して、緑単に2敗したとのことで、緑単がいないメタゲーム環境であれば、このデッキはよい選択になるようです。

コントロールに対する相性は記事には書いていませんでした。

スポンサードリンク

白黒ギフト

出典:MTG Goldfish

デッキリスト

BW Gift by utdzac
Lands
4 x 秘密の中庭
3 x 放棄された聖域
3 x イフニルの死界
3 x 孤立した礼拝堂
6 x 平地
4 x 沼

Creatures
4 x 歩行バリスタ
4 x 帆凧の掠め取り
3 x 悪意の騎士
4 x 瘴気ミイラ
3 x 空中対応員
4 x 猶予の侍臣
3 x 貪欲なチュパカブラ
2 x 豊潤の声、シャライ
3 x マガーンの鏖殺者、ヴォーナ

Spells
4 x 来世への門
2 x 王神の贈り物
Sideboard
4 x 強迫
3 x 致命的な一押し
3 x 飛行機械による拘束
2 x 豪華の王、ゴンティ
3 x 死の権威、リリアナ

解説

PPTQで青白コントロール、赤黒アグロ、赤単《ケルドの炎》、青白副陽x2、赤単アグロ、赤黒ミッドレンジを倒し、赤単アグロに1敗し、7-1の好成績だったというリスト。

緑系デッキを警戒する場合には、《空中対応員》を《才気ある霊基体》に入れ替えて沼を増やしましょうとのこと。

また、《スカラベの神》への対策カードがサイドボードに入っていないため、《スカラベの神》との戦いを想定する場合にはサイドボードの調整が必要です。

サイドボード後の2ゲーム目は、《王神の贈り物》と《来世への門》を抜いてしまい、《死の権威、リリアナ》、《豪華の王、ゴンティ》、除去をサイドインし、3ゲーム目は《王神の贈り物》と《来世への門》を戻すそうです。

スポンサードリンク


赤青ギフト

出典:Blue-Red Goblin Gift – Standard | Channel Pascal By Pascal Maynard

デッキリスト

UR Gift by Pascal Maynard
Lands
4 x 硫黄の滝
4 x イプヌの細流
10 x 山
4 x 尖塔断の運河

Creatures
4 x ずる賢いゴブリン
4 x スカークの探鉱者
4 x 機知の勇者
4 x 戦闘の祝賀者
2 x 多面相の侍臣
4 x 査問長官
4 x 歩行バリスタ
1 x 包囲攻撃の司令官
4 x 戦利品の魔道士

Spells
4 x 来世への門
2 x 王神の贈り物
1 x 霊気圏の収集艇
Sideboard
2 x 否認
2 x 発明の領事、パディーム
4 x ボーマットの急使
2 x 呪文貫き
2 x 沈黙の墓石
3 x 削剥

解説

プロツアー『イクサラン』で青白《王神の贈り物》を使い準優勝したPascal MaynardがChannle Fireballで赤青《王神の贈り物》のリストとプレイ動画をアップロードしていました。

青緑やゴブリンギフトを試した結果、ゴブリンギフトに《機知の勇者》等を足したような赤青に行き着いたようです。

以下、記事の抜粋&要約。

当初の赤青と異なり、《ボーマットの急使》や《戦凧の匪賊》が不採用となっています。

《ボーマットの急使》については、《ゴブリンの鎖回し》を警戒してタフネス1のクリーチャーを減らしており、代わりに《戦利品の魔道士》4枚を採用しています。

《ボーマットの急使》はサイドボードに4枚いて、《ゴブリンの鎖回し》がいないデッキ相手にサイドインします。

《戦利品の魔道士》からは《来世への門》だけでなく、1枚だけ採用している《霊気圏の収集艇》も持ってくることができます。

《戦凧の匪賊》は、《ずる賢いゴブリン》に変わっています。ゴブリンなので《スカークの探鉱者》で生贄に捧げることで、墓地のクリーチャーの枚数を増やしつつ、マナ加速して《来世への門》の能力起動を早めることもできます。

スポンサードリンク

青緑ギフト

出典:The Gift That Just Keeps Giving by Riley Knight

デッキリスト

UG Gift by Grantfly
Lands
4 x 霊気拠点
4 x 植物の聖域
6 x 森
2 x 内陸の湾港
2 x イプヌの細流
4 x 島

Creatures
4 x 歩行バリスタ
4 x ラノワールのエルフ
4 x 査問長官
4 x マーフォークの枝渡り
2 x 戦凧の匪賊
4 x 機知の勇者
3 x 翡翠光のレインジャー
1 x ピーマの改革派、リシュカー
1 x 打ち壊すブロントドン
1 x 戦利品の魔道士
1 x 多面相の侍臣
1 x アカデミーの修士魔道士
2 x 新緑の機械巨人

Spells
4 x 来世への門
2 x 王神の贈り物

Sideboard
1 x 沈黙の墓石
1 x マーフォークのペテン師
2 x 否認
2 x アゾカンの射手
2 x 貪る死肉あさり
1 x 刻み角
1 x 打ち壊すブロントドン
2 x 発明の領事、パディーム
1 x 多面層の侍臣
1 x アカデミーの修士魔道士
1 x 川の叱責

解説

TCG Playerに青白、赤青、赤単、赤緑の《王神の贈り物》デッキについて簡単に紹介した記事が掲載されていました。

上記はそのうち青緑のリストです。以下、記事の抜粋&要約。

緑が入ったバージョンには、《王神の贈り物》だけでなく、緑のクリーチャーによるビートダウンプランもあります

《ラノワールのエルフ》はマナ加速の面では《スカークの探鉱者》の上位互換だし、《マーフォークの枝渡り》《翡翠光のレインジャー》は普通に出しても強いカードですが、《王神の贈り物》で場に戻った際はより一層効果を発揮します。

《新緑の機械巨人》は、単純に8/8速攻トランプルがアタックしてくるだけでも強く、緑といえば大型クリーチャーという昔ながらの戦法が取れる点からも緑を採用する価値はあります。

《アカデミーの修士魔道士》は、相手の《王神の贈り物》から出てきたトークンをバウンスして始末してくれます。

デッキのバリエーションとしては、《戦闘の祝賀者》を加えてティムールにしたり、《機知の勇者》や《戦利品の魔道士》が魔道士であることを活かして《反復の学部長、ナバン》を入れているものもありました。

スポンサードリンク


赤単ギフト

デッキリスト

Mono-Red Gift by yerffej03
Lands
23 x 山

Creatures
4 x 歩行バリスタ
4 x ボーマットの急使
2 x 狂信的扇動者
4 x スカークの探鉱者
4 x ゴブリンの鎖回し
4 x 戦闘の祝賀者
2 x 熱烈の神、ハゾレト
4 x 荒くれ船員
3 x 包囲攻撃の司令官

Spells
4 x 来世への門
2 x 王神の贈り物

Sideboard
2 x マグマのしぶき
1 x 沈黙の墓石
4 x 削剥
1 x 没収の曲杖
1 x ピア・ナラー
3 x 反逆の先導者、チャンドラ
3 x 栄光をもたらすもの

解説

MOで5-0していたリストです。当初話題になったゴブリン・ギフトが進化していました。

赤青ギフトから青を捨てて《戦凧の匪賊》を失い《スカラベの神》等を対処できなくなった代わりに、《王神の贈り物》に頼らないビートダウン戦略をより取れるようになったデッキです。

相手が《王神の贈り物》に対処してくる前に、《戦闘の祝賀者》からさっさと勝負を決めます。

相手の盤面のタフネス1のチャンプブロッカーは《ゴブリンの鎖回し》で蹴散らして、ハゾレト等で襲い掛かります。

《荒くれ船員》は、上手くいけば墓地のクリーチャーを2枚増やしつつ、5/5になってでてくるため、このデッキとかみ合っているカードになります。トランプルを持っている点も嬉しい1枚です。
jp_N6hDAxf5ku

デッキ解説やプレイ動画は以下の記事でも見ることができます。
Mono-Red GPG (Videos) by Steve Rubin(プレイ動画あり)
Instant Deck Tech: Goblin Gift (Standard) by SaffronOlive
Deck of the Day: Goblin Gift By Eric Froehlich

スポンサードリンク

赤青ギフト

デッキリスト

UR Gift by Mihara Makihito
Lands
3 x 硫黄の滝
4 x イプヌの細流
4 x 島
7 x 山
4 x 尖塔断の運河

Creatures
4 x 歩行バリスタ
2 x ボーマットの急使
2 x 狂信的扇動者
4 x 査問長官
4 x スカークの探鉱者
4 x 戦凧の匪賊
4 x 機知の勇者
4 x 戦闘の祝賀者
2 x 戦利品の魔道士
2 x 多面相の侍臣

Spells
4 x 来世への門
2 x 王神の贈り物

Sideboard
2 x 発明の領事、パディーム
2 x 沈黙の墓石
2 x 呪文貫き
3 x 削剥
2 x 否認
2 x 霊気圏の収集艇
2 x 焼けつく双陽

解説

BIG MAGIC Open Vol.10のスタンダードでの優勝デッキです。
[BIG MAGIC Open Standard Vol.10] TOP16 Decklist

どうせ青白王神には墓地対策があまり効かない(墓地対策を想定したサイドボーディングをしてくる)ので墓地対策が薄くなっていたため、赤青王神は狙い目だったとのことです。

Twichで配信を見ることができます。

《戦凧の匪賊》で《スカラベの神》《熱烈の神ハゾレト》《再燃するフェニックス》をただの0/1クリーチャーにして、《狂信的扇動者》や《歩行バリスタ》で倒して盤面をコントロールしたり、《戦闘の祝賀者》で一気に相手を倒すといった戦いかたになります。

『イクサランの相克』時代のリストと比べると、《狂信的扇動者》と《ボーマットの急使》が2枚ずつ減らされ、4枚の《スカークの探鉱者》が追加されています。
jp_GKGGAg7tjV

《スカークの探鉱者》は1回限定の《ラノワールのエルフ》ですが、《狂信的扇動者》がいればさらにもう1マナを出せるのでクリーチャーを展開したり、さらに墓地にクリーチャーも増えるので《来世への門》をさっさと起動できます。

赤単系相手は《ゴブリンの鎖回し》を出されると戦線が壊滅するため殴り合いで負けそうな気がしますが、そこは相手のプレイミスに救われたりして勝っていました。

スポンサードリンク