『ドミナリア』環境の《王神の贈り物》デッキです。


『ドミナリア』環境のデッキまとめページはこちら

青緑ギフト

出典:The Gift That Just Keeps Giving by Riley Knight

デッキリスト

UG Gift by Grantfly
Lands
4 x 霊気拠点
4 x 植物の聖域
6 x 森
2 x 内陸の湾港
2 x イプヌの細流
4 x 島

Creatures
4 x 歩行バリスタ
4 x ラノワールのエルフ
4 x 査問長官
4 x マーフォークの枝渡り
2 x 戦凧の匪賊
4 x 機知の勇者
3 x 翡翠光のレインジャー
1 x ピーマの改革派、リシュカー
1 x 打ち壊すブロントドン
1 x 戦利品の魔道士
1 x 多面相の侍臣
1 x アカデミーの修士魔道士
2 x 新緑の機械巨人

Spells
4 x 来世への門
2 x 王神の贈り物

Sideboard
1 x 沈黙の墓石
1 x マーフォークのペテン師
2 x 否認
2 x アゾカンの射手
2 x 貪る死肉あさり
1 x 刻み角
1 x 打ち壊すブロントドン
2 x 発明の領事、パディーム
1 x 多面層の侍臣
1 x アカデミーの修士魔道士
1 x 川の叱責

解説

TCG Playerに青白、赤青、赤単、赤緑の《王神の贈り物》デッキについて簡単に紹介した記事が掲載されていました。

上記はそのうち青緑のリストです。以下、記事の抜粋&要約。

緑が入ったバージョンには、《王神の贈り物》だけでなく、緑のクリーチャーによるビートダウンプランもあります

《ラノワールのエルフ》はマナ加速の面では《スカークの探鉱者》の上位互換だし、《マーフォークの枝渡り》《翡翠光のレインジャー》は普通に出しても強いカードですが、《王神の贈り物》で場に戻った際はより一層効果を発揮します。

《新緑の機械巨人》は、単純に8/8速攻トランプルがアタックしてくるだけでも強く、緑といえば大型クリーチャーという昔ながらの戦法が取れる点からも緑を採用する価値はあります。

《アカデミーの修士魔道士》は、相手の《王神の贈り物》から出てきたトークンをバウンスして始末してくれます。

デッキのバリエーションとしては、《戦闘の祝賀者》を加えてティムールにしたり、《機知の勇者》や《戦利品の魔道士》が魔道士であることを活かして《反復の学部長、ナバン》を入れているものもありました。

スポンサードリンク


赤単ギフト

デッキリスト

Mono-Red Gift by yerffej03
Lands
23 x 山

Creatures
4 x 歩行バリスタ
4 x ボーマットの急使
2 x 狂信的扇動者
4 x スカークの探鉱者
4 x ゴブリンの鎖回し
4 x 戦闘の祝賀者
2 x 熱烈の神、ハゾレト
4 x 荒くれ船員
3 x 包囲攻撃の司令官

Spells
4 x 来世への門
2 x 王神の贈り物

Sideboard
2 x マグマのしぶき
1 x 沈黙の墓石
4 x 削剥
1 x 没収の曲杖
1 x ピア・ナラー
3 x 反逆の先導者、チャンドラ
3 x 栄光をもたらすもの

解説

MOで5-0していたリストです。当初話題になったゴブリン・ギフトが進化していました。

赤青ギフトから青を捨てて《戦凧の匪賊》を失い《スカラベの神》等を対処できなくなった代わりに、《王神の贈り物》に頼らないビートダウン戦略をより取れるようになったデッキです。

相手が《王神の贈り物》に対処してくる前に、《戦闘の祝賀者》からさっさと勝負を決めます。

相手の盤面のタフネス1のチャンプブロッカーは《ゴブリンの鎖回し》で蹴散らして、ハゾレト等で襲い掛かります。

《荒くれ船員》は、上手くいけば墓地のクリーチャーを2枚増やしつつ、5/5になってでてくるため、このデッキとかみ合っているカードになります。トランプルを持っている点も嬉しい1枚です。
jp_N6hDAxf5ku

デッキ解説やプレイ動画は以下の記事でも見ることができます。
Mono-Red GPG (Videos) by Steve Rubin(プレイ動画あり)
Instant Deck Tech: Goblin Gift (Standard) by SaffronOlive
Deck of the Day: Goblin Gift By Eric Froehlich

スポンサードリンク

赤青ギフト

デッキリスト

UR Gift by Mihara Makihito
Lands
3 x 硫黄の滝
4 x イプヌの細流
4 x 島
7 x 山
4 x 尖塔断の運河

Creatures
4 x 歩行バリスタ
2 x ボーマットの急使
2 x 狂信的扇動者
4 x 査問長官
4 x スカークの探鉱者
4 x 戦凧の匪賊
4 x 機知の勇者
4 x 戦闘の祝賀者
2 x 戦利品の魔道士
2 x 多面相の侍臣

Spells
4 x 来世への門
2 x 王神の贈り物

Sideboard
2 x 発明の領事、パディーム
2 x 沈黙の墓石
2 x 呪文貫き
3 x 削剥
2 x 否認
2 x 霊気圏の収集艇
2 x 焼けつく双陽

解説

BIG MAGIC Open Vol.10のスタンダードでの優勝デッキです。
[BIG MAGIC Open Standard Vol.10] TOP16 Decklist

どうせ青白王神には墓地対策があまり効かない(墓地対策を想定したサイドボーディングをしてくる)ので墓地対策が薄くなっていたため、赤青王神は狙い目だったとのことです。

Twichで配信を見ることができます。

《戦凧の匪賊》で《スカラベの神》《熱烈の神ハゾレト》《再燃するフェニックス》をただの0/1クリーチャーにして、《狂信的扇動者》や《歩行バリスタ》で倒して盤面をコントロールしたり、《戦闘の祝賀者》で一気に相手を倒すといった戦いかたになります。

『イクサランの相克』時代のリストと比べると、《狂信的扇動者》と《ボーマットの急使》が2枚ずつ減らされ、4枚の《スカークの探鉱者》が追加されています。
jp_GKGGAg7tjV

《スカークの探鉱者》は1回限定の《ラノワールのエルフ》ですが、《狂信的扇動者》がいればさらにもう1マナを出せるのでクリーチャーを展開したり、さらに墓地にクリーチャーも増えるので《来世への門》をさっさと起動できます。

赤単系相手は《ゴブリンの鎖回し》を出されると戦線が壊滅するため殴り合いで負けそうな気がしますが、そこは相手のプレイミスに救われたりして勝っていました。

スポンサードリンク