『ドミナリア』環境の青白系の機体です。

4マナ5/6飛行は強い、過小評価されていると発売前から言われている《ランプのジン、ザヒード》を採用した機体デッキです。
jp_5rr5fxKPqv

『ドミナリア』環境のデッキまとめページはこちら


青白機体

出典:Deck of the Day: U/W Vehicles By Eric Froehlich

デッキリスト

U/W Vehicles by STEVENX01
Lands
3 x 島
8 x 平地
4 x 霊気拠点
4 x 氷河の城砦
2 x 灌漑農地
4 x 産業の塔

Creatures
4 x 屑鉄場のたかり屋
4 x 模範的な造り手
4 x 歩行バリスタ
4 x ランプのジン、ザヒード

Spells
2 x 試練に臨むギデオン
3 x ウルザの後継、カーン
2 x ドミナリアの英雄、テフェリー
4 x 霊気圏の収集艇
4 x キランの真意号
2 x 排斥
3 x 封じ込め

Sideboard
1 x ウルザの後継、カーン
1 x ドミナリアの英雄、テフェリー
2 x 断片化
2 x 燻蒸
2 x 黎明をもたらす者ライラ
2 x 金属の叱責
3 x 否認
2 x 残骸の漂着


解説

MOのリーグ戦で5-0していた青白機体について、Channel FireballでEric Froehlichが解説していました。

以下、記事の抜粋&要約。

デッキは、忠誠度の高いカーンやテフェリーといったプレインズウォーカーと《キランの真意号》を組み合わせており、搭乗するクリーチャーは少なめとなっています。

また、他の機体デッキと同様、アーティファクトが多いためカーンの構築物トークン生成能力が効果的に機能します。

カーン、《歩行バリスタ》、《キランの真意号》の3点セットはいろいろなデッキで見ることになるだろうとのことです。

《試練に臨むギデオン》についても、+能力で相手の一番強いクリーチャーを無効化しつつ、《キランの真意号》で攻撃し続ける動きは強力な組み合わせになります。

アーティファクトが多く入っていることから《ランプのジン、ザヒード》もうまく使える構成となっており、4ターン目に攻撃した《キランの真意号》をタップして《ランプのジン、ザヒード》を4マナで出す動きができればゲームをすぐに終わらせることができます。


ドミナリア ・シングルカード通販

スポンサードリンク

ジェスカイ機体

デッキリスト

Jeskai Vehicles by Laval216
Lands
1 x 断崖の避難所
1 x 氷河の城砦
4 x 感動的な眺望所
2 x 灌漑農地
1 x 島
2 x 山
4 x 平地
4 x 産業の塔
1 x 硫黄の滝

Creatures
4 x 屑鉄場のたかり屋
4 x 模範的な造り手
3 x ピア・ナラー
4 x 異端の飛行機械職人
3 x ランプのジン、ザヒード

Spells
2 x 反逆の先導者、チャンドラ
2 x 削剥
4 x 霊気装置の展示
2 x 金属の叱責
4 x キランの真意号
2 x 霊気圏の収集艇
2 x 飛行機械による拘束

Sideboard
1 x 灌漑農地
2 x 削剥
2 x 金属の叱責
3 x 残骸の漂着
3 x 燻蒸
2 x 栄光をもたらすもの
2 x 黎明をもたらす者ライラ


解説

4/26のMOリーグ戦で5-0していたリストです。

マルドゥ機体は4マナのクリーチャーに《熱烈の神、ハゾレト》か《再燃するフェニックス》を採用しますが、このデッキでは《ランプのジン、ザヒード》を採用しています。
5/6というサイズのため、5/5先制攻撃のライラで止まることなくアタックにいけるのが魅力です。

《霊気装置の展示》を4枚、《ピア・ナラー》を3枚投入し、《異端の飛行機械職人》や《ランプのジン、ザヒード》をマナコストを下げていきます。

1/1の貧弱なトークンは立ち往生しても、《霊気圏の収集艇》や《キランの真意号》の搭乗要員になったり、《ピア・ナラー》の能力のエサになります。

アーティファクトが多く並ぶデッキですが、それでも《ウルザの後継、カーン》よりも《反逆の先導者、チャンドラ》が採用されている点も注目かと思います。

緑単相手にはメインはパワー負けするかもしれませんが、サイドボード後は《燻蒸》と《残骸の漂着》を大量投入したコントロールデッキに変えて対処するものと思われます。

サイドボードについては、こちらのBen Friedmanの記事にあるように《ドミナリアの英雄、テフェリー》や《封じ込め》の採用もあるかもしれません。


ドミナリア ・シングルカード通販

スポンサードリンク