Jim Davisがバント副陽と青白スラム・オーラのドミナリア版をTwichで配信していました。

バント副陽

デッキリスト

Bant Approach by Jim Davis
Lands
1 x オラーズカの拱門
3 x 植物の聖域
2 x 不屈の砂漠
2 x 森
1 x ハシェプのオアシス
4 x イプヌの細流
4 x 灌漑農地
1 x 島
2 x 平地
1 x まばらな木立
1 x 屍肉あさりの地
1 x シェフェトの砂丘
3 x 陽花弁の木立

Spells
4 x 封じ込め
2 x 本質の散乱
2 x アズカンタの探索
3 x 魔学コンパス
4 x 開拓+精神
3 x 残骸の漂着
2 x イクサランの束縛
2 x 排斥
1 x ドミナリアの英雄、テフェリー
4 x 約束の刻
3 x 燻蒸
4 x 副陽の接近

Sideboard
1 x 領事の権限
3 x 砂漠の拘留
2 x 黎明をもたらす者ライラ
3 x 否認
1 x ジェイスの敗北
2 x 殺戮の暴君
3 x 帰化

Jim Davisが当初SCGオープンで使っていたバージョンと比べると、《不可解な終焉》3枚と《イクサランの束縛》1枚の代わりに《封じ込め》が採用されています。また、《楽園の贈り物》2枚を削って、土地1枚と《ドミナリアの英雄、テフェリー》が追加されています。

《不可解な終焉》は低マナのクリーチャーしか追放できませんでしたが、《封じ込め》はタップ状態という制限があるものの、それ以外では対象のクリーチャーを選ばず、しかも瞬足を持っていることから採用されています。

《ドミナリアの英雄、テフェリー》は、このデッキでは3ターン目の《開拓》から、4ターン目に出て来て、+能力を使って《本質の散乱》を構えることができます。採用枚数が1枚なのは、すでに5マナのカードが《約束の刻》に《燻蒸》と大量にあるためとのことです。

スポンサードリンク

青白スラム・オーラ

UW Sram Auras by Jim Davis
Lands
3 x 灌漑農地
4 x 氷河の城砦
4 x 島
7 x 平地
2 x シェフェトの砂丘

Creatures
2 x 不屈の護衛
4 x 空渡りの野心家
4 x アダントの先兵
4 x 善意の騎士
4 x 上級建設官、スラム
2 x 捕らえ難い悪漢

Spells
4 x 結束のカルトーシュ
3 x 軍団の上陸
4 x 執着的探訪
1 x 潜伏
3 x 不可解な終焉
4 x 知識のカルトーシュ
1 x セラからの翼
 
Sideboard
2 x 領事の権限
2 x 燻蒸
2 x 飛行機械による束縛
2 x 試練に臨むギデオン
4 x 否認
1 x 呪文貫き
2 x 霊気圏の収集艇


《善意の騎士》は、《致命的な一押し》や《渇望の時》《喪心》といった環境にある黒い除去カードを避けることができるし、先制攻撃をもっているので赤単にも強いということで採用されています。

《不屈の護衛》は1マナ2/1というだけで強いですが、《上級建設官、スラム》といった主力クリーチャーを守ることができます。

《セラからの翼》は、サイドボードの《霊気圏の収集艇》や《領事の権限》と合わせて赤単対策とのことです。

スポンサードリンク