『イクサランの相克』環境の《黄金の守護者》を使ったデッキです。

jp_5YIUG6ytJQ

『イクサランの相克』環境のスタンダードまとめページはこちら



黄金の旅

出典:Budget Magic: $78 (18 tix) Golden Journey (Standard)

デッキリスト

Golden Jurney by SaffronOlive
Lands
4 x 花盛りの湿地
4 x 進化する未開地
2 x 廃墟の地
4 x 森
2 x 平地
4 x 陽花弁の木立ち
5 x 沼

Creatures
4 x マーフォークの枝渡り
2 x 探求者の従者
4 x 翡翠光のレインジャー
4 x 黄金の守護者
1 x 豪華の王、ゴンティ
2 x 貪欲なチュパカブラ
1 x 害悪の機械巨人
1 x 穢れた血、ラザケシュ

Spells
1 x 死の権威、リリアナ
4 x 致命的な一押し
1 x ヴラスカの侮辱
1 x 燻蒸
4 x 秘密の備蓄品
4 x 永遠への旅
2 x イクサランの束縛

 
Sideboard
4 x 強迫
1 x 不可解な終焉
2 x 貪る死肉あさり
2 x 失われた遺産
2 x 陽光鞭の勇者
1 x ヴラスカの侮辱
1 x 激変の機械巨人
1 x 燻蒸
1 x 殺戮の暴君


解説

MTG Goldfishのいつもの低予算デッキのコーナーから。上記リストは予算制限なしバージョンですが、元記事には低予算バージョンと、さらに低予算バージョンが掲載されています。

以下、記事からの抜粋&要約。

このデッキはアブザン・ミッドレンジといった構成で、《黄金の守護者》からゴーレム・トークンを量産するか、《永遠への旅》を反転させて毎ターンクリーチャーをリアニメイトするかして勝ちます。
反転したらどちらも土地であり、対処されずらい点がメリットになります。

《黄金の守護者》は攻撃できないものの4マナ4/4のサイズは十分なだけでなく、『イクサランの相克』の反転カードの中で唯一伝説のカードではないため手札で腐らせずに並べることができます。
裏面はゴーレム・トークンを量産するだけでなく、タップで2マナを加えることができ、大量のマナを払う際の助けになる点もポイントです。

《永遠への旅》は《ヴラスカの侮辱》や《排斥》でエンチャントしているクリーチャーを追放されてしまったら効果を発揮できませんが、《黄金の守護者》で格闘して死亡させたり、《秘密の備蓄品》で生贄に捧げることができるため、追放除去は怖くありません。

《秘密の備蓄品》は追放除去を回避する以外にも、チャンプブロッカーとなるトークンを出して時間を稼ぎ、戦術でコンボパーツを探し、《黄金の守護者》とトークンを格闘させて《黄金の守護者》を生贄にささげることですぐに反転させたりといった役割があります。

クリーチャーについては、リアニメイトと相性のよいCIP能力持ちのクリーチャーで固めています。

スポンサードリンク

黄金の守護者

出典:$35 Golden Guardian Standard Deck Tech (Video)

デッキリスト

Golden Guardian by SBMTG_dev
Lands
1 x オラーズカの拱門
3 x 栄光の砂漠
4 x イフニルの死界
2 x 屍肉あさりの地
15 x 沼

Creatures
4 x 黄金の守護者
3 x 霊気毒殺者
4 x ホネツツキ
1 x 栄光の神、バントゥ
4 x 凶兆艦隊の毒殺者
4 x 才気ある霊基体
2 x 豪華の王、ゴンティ
3 x 這い回る心止虫
1 x 原初の死、テジマク

Spells
1 x アルゲールの断血
2 x 橋上の戦い
4 x 大災厄
2 x 超常的耐久力

 
Sideboard
1 x アルゲールの断血
4 x 強迫
2 x 栄光の刻
1 x 失われた遺産
2 x 渇望の時
3 x 廃墟ネズミ
2 x ヤヘンニの巧技


解説

TCG Playerで低価格なオリジナルデッキを紹介してくれるStrictly Better MTGの人の最新作。《黄金の守護者》を使った低予算デッキは、リクエストが最も多かったそうです。

《黄金の守護者》をさっさと反転させるため、デッキには軽量の接死持ちクリーチャーを大量に投入しています。軽量クリーチャーでライフを攻めつつ、ゴーレムでとどめを刺す戦い方になりそうです。

《才気ある霊基体》は絆魂で赤単相手に時間を稼いでくれます。また、《霊気毒殺者》も同様に構築物トークンを生成することで赤単相手にはブロッカーを増やし、コントロール相手にはアタッカーを増やしてくれます。

《ホネツツキ》は序盤に空から相手のライフを削ったり、相手の飛行クリーチャーをブロックして時間を稼いでくれます。

スペルについて、2枚だけ入っている《超常的耐久力》は、「接死持ちクリーチャーを《黄金の守護者》と格闘させて反転させたいけど、接死持ちクリーチャーを失うのも厳しい」というときに使用します。

《橋上の戦い》はハゾレトを倒すという観点では《ヴラスカの侮辱》の下位互換的になりますが、アグロデッキ相手には3ターン目に撃てるというメリットがあります。

低予算というコンセプトですが、予算に余裕があるば場合には《這い回る心止虫》を《致命的な一押し》に変更するのがよいとのことです。

スポンサードリンク