《光輝の勇者、ファートリ》を使用した緑白のトークンデッキです。

『イクサランの相克』環境のスタンダードまとめページはこちら




緑白トークン

【出典】Budget Magic: $95 (36 tix) Cultivator Huatli Tokens (Standard)

デッキリスト

Cultivator Huatli Tokens by SaffronOlive
Lands
5 x 森
2 x ハシェプのオアシス
4 x 平地
4 x まばらな木立
1 x 屍肉あさりの地
4 x シェフェトの砂丘
4 x 陽花弁の木立

Creatures
4 x 聖なる猫
1 x ジャングル生まれの開拓者
4 x 誇り高き君主
4 x 刃の耕作者
2 x 威厳あるカラカル

Spells
4 x 光輝の勇者、ファートリ
4 x 霊気装置の展示
4 x スラムの巧技
1 x 歯車工の組細工
4 x 軍団の上陸
4 x 飛行機械による拘束
Sideboard
1 x 断片化
2 x 不可解な終焉
3 x 英雄的介入
1 x 霊気圏の収集艇
2 x 貪る死肉あさり
2 x イクサランの束縛
2 x 生命の力、ニッサ
2 x 殺戮の暴君


解説

MTGGoldfishのおなじみ低予算デッキのコーナーから。記事中には低予算バージョンのリストと予算制限なしバージョンのリストが載っており、上記は予算制限なしバージョンのほうになります。

トークンを並べたところで、《光輝の勇者、ファートリ》のマイナス能力により、《刃の耕作者》のパワーを増やします。パワーアップした《刃の耕作者》とトークンたちでアタックすることで、自分以外の攻撃クリーチャーに自分のパワー分の+X/+X修正を与える《刃の耕作者》の能力によりアタックしたトークンが全員超絶強化され、ワンアタックで勝負が決まります。
151_jpn

以下、記事の抜粋&要約。

《刃の耕作者》はスタンダードにおいて最も過小評価されたカードの1枚で、《光輝の勇者、ファートリ》との組み合わせにおいては、《威厳あるカラカル》や《発明の天使》よりも優れた5マナのカードとなります。

トークンを生成するクリーチャーは猫シナジーで構成されており、1マナで墓地から帰ってこれる《聖なる猫》はファートリの奥義(クリーチャーが場にでたら1ドロー)との相性もよいカードとなっています。

《誇り高き君主》は生きてターンが帰ってくれば大きなアドバンテージを得ることができますが、すぐに《ショック》で焼かれてしまった場合などはコストパフォーマンスが悪いクリーチャーに成り下がってしまいます。しかし、《誇り高き君主》が除去の的になることで、このデッキのキーカードである《刃の耕作者》の生存率が上がります。そもそも、このデッキが初見の相手は次のターンにファートリが出てきて瞬殺されるとは思わず、《刃の耕作者》を除去してこないようです。

MOのリーグ戦での成績は4-1で、吸血鬼に負けたとのこと。また、トークンや赤単には勝ったけれど、グリクシス・エネルギーや青黒コントロールとは当たらなかったとのことです。

スポンサードリンク

緑白トークン

【出典】Brewing with Rivals of Ixalan

デッキリスト

Sram's Growing Rites by Lukas Blohon
Lands
2 x オラーズカの拱門
7 x 森
1 x 平地
4 x まばらな木立
1 x シェフェトの砂丘
4 x 陽花弁の木立
3 x 平穏なる広野

Creatures
4 x 発明の天使
4 x 媒介者の修練者
4 x 博覧会場の警備員
4 x 翡翠光のレインジャー
4 x マーフォークの枝渡り
2 x 若葉のドライアド
4 x 歩行バリスタ

Spells
4 x 光輝の勇者、ファートリ
4 x イトリモクの成長儀式
4 x スラムの巧技
Sideboard
なし

解説

《翡翠光のレインジャー》を活用したデッキという趣旨で、Lukas Blohonが投稿していたデッキ。

イクサラン環境のときからある緑白トークン定番の、《スラムの巧技》+《イトリモクの成長儀式》でさっさと《太陽の揺籃の地、イトリモク》に反転させるタイプになります。

イトリモクから出た大量のマナは《歩行バリスタ》に注ぎ込みます。また、マナフラ状態になったときは、《オラーズカの拱門》でドローします。

《発明の天使》や《スラムの巧技》でトークンが並んだら、《若葉のドライアド》が昇殿を達成し、生まれてくる苗木トークンが1/1から3/3になります。
Unknown-4

《マーフォークの枝渡り》と《翡翠光のレインジャー》は探検で土地を持ってきたりコンボパーツを探しに行くのに役にたちます。また、サイクリングランドや《オラーズカの拱門》は、土地なので探検で回収でき、かつ土地が余っている後半に別のカードに変えることができるため探検と相性がよいカードとなります。

このリスト作成時には気づかなかったけど入れた方がよいと思っているクリーチャーとして《野茂み歩き》(あなたがコントロールしているクリーチャーが探検を行うたび、+1/+1カウンターとライフ3点ゲイン)をあげていました。2ターン目《野茂み歩き》から3ターン目《翡翠光のレインジャー》と流れれば、《野茂み歩き》がライフ6点ゲインしつつサイズが3/5になります。

スポンサードリンク

バント・ファートリ

【出典】Bant Huatli by SaffronOlive

デッキリスト

Bant Huatli by SaffronOlive
Lands
2 x 廃墟の地
1 x 森
4 x 氷河の城砦
2 x イプヌの細流
2 x 灌漑農地
2 x 島
4 x 平地
1 x まばらな木立
2 x シェフェトの砂丘
4 x 陽花弁の木立


Creatures
4 x 聖なる猫
1 x 典雅な襲撃者
2 x 選定の司祭
1 x ナクタムンの侍臣、テムメト
4 x 機知の勇者
3 x 陽光鞭の勇者
1 x 賞罰の天使

Spells
3 x 光輝の勇者、ファートリ
2 x 航路の作成
1 x 残骸の漂着
3 x 燻蒸
3 x 軍団の上陸
1 x 不可解な終焉
1 x アズカンタの探索
1 x 飛行機械による拘束
3 x 選定された行進
2 x イクサランの束縛
Sideboard
2 x 没収の曲杖
4 x 否認
1 x 俗物の放棄
1 x 飛行機械による拘束
1 x イクサランの束縛
1 x 残骸の漂着
1 x 多面層の侍臣
2 x 賞罰の天使
1 x 不撓のアジャニ
1 x 川の叱責

解説

青白不朽にトークンと相性がよい《光輝の勇者、ファートリ》を加えたデッキになります。
huatli_radiant_champion

トークンを出すカードが大量にあるため、さっさと《光輝の勇者、ファートリ》の奥義を打ってカードをたくさん引いて物量で押しつぶすプランの他、ファートリの-1能力で強化したクリーチャーを《ナクタムンの侍臣、テムメト》でブロックされない状態にして大ダメージを叩き込むプランもあります。二段攻撃を持っている《典雅な襲撃者》を強化できるのがベスト。

MOのリーグ戦では手応えがあったようで、3-2の成績だったけれど、同形で負けたのと土地事故で負けただけとのことです。

スポンサードリンク