《太陽鳥の祈祷》+《副陽の接近》デッキのリストです。

《太陽鳥の祈祷》がある状態で《副陽の接近》を唱え、そこから《副陽の接近》がめくれると、最初に唱えたほうの《副陽の接近》が特殊勝利条件を満たします。

『イクサランの相克』環境のスタンダードまとめページはこちら



白赤副陽の接近

出典:Deck of the Day: R/W Approach By Eric Froehlich

デッキリスト

R/W Approach by RIZER
Lands
7 x 山
5 x 平地
1 x オラーズカの拱門
2 x 廃墟の地
4 x 感動的な眺望所
2 x 屍肉あさりの地
4 x 採石場

Spells
4 x 反逆の先導者、チャンドラ
4 x 副陽の接近
4 x 焼けつく双陽
4 x 削剥
4 x マグマのしぶき
1 x 新たな信仰
2 x 残骸の漂着
4 x アゾールの門口
1 x 沈黙の墓石
1 x 魔学コンパス
4 x 排斥
2 x 太陽鳥の祈祷
Sideboard
2 x 沈黙の墓石
2 x 賞罰の天使
4 x チャンドラの敗北
3 x 焼却の機械巨人
4 x 威厳あるカラカル

解説

ライザこと石村信太朗さんがMOでリーグ戦9-1、MOCS4-3の成績だったリストです。
Twitterによると「エクストラウィンのお手軽感は魅力的なものの、リソースが常にかつかつなのが精神的に厳しい」とのこと。

以下、Channel FIreballのEric Froehlichの記事からの抜粋&要約。

大量の軽量火力や4積みした《焼けつく双陽》があるため、4ターン目に《反逆の先導者、チャンドラ》を出してマイナス能力を使えば相手の場は焼け野原になっており、チャンドラが大きな脅威にさらされることはないと思われます。5ターン目に+能力でマナを出せば《副陽の接近》タイムの始まりです。

《アゾールの門口》は反転してライフが大量にあれば1ターンの間に《副陽の接近》を2枚唱えることができますが、あくまで採用の目的は手札の不要カードを入れ替えることのようです。

サイドボードについては、Eric Froehlichの記事ではノーコメントでした。
アメリカ国別選手権のリストではサイドボードに《キランの真意号》や《栄光半ばの修練者》をいれて赤白アグロになるような変形サイドボードでしたが、このデッキでは《焼却の機械巨人》を入れています。
《副陽の接近》に対して《否認》、《強迫》、《失われた遺産》で勝負を挑んでくる相手に有効なサイドボードだと思われます。

スポンサードリンク