『イクサランの相克』環境の赤青《電招の塔》コントロールです。

『イクサランの相克』環境のスタンダードまとめページはこちら


ジェスカイ・電招の塔コントロール

出典:TURBO FOGS AND LIGHTNING
Jeskai, Tower of the Sun by Ali Aintrazi
Lands
1 x 平地
2 x 島
2 x 山
1 x オラーズカの拱門
4 x 霊気拠点
4 x 氷河の城砦
4 x 感動的な眺望所
4 x 灌漑農地
4 x 尖塔断の運河

Creatures
1 x 法をもたらす者、アゾール
2 x 守られた霊気泥棒
2 x 蝗の神
4 x 再燃するフェニックス

Spells
1 x 発明品の唸り
2 x 削剥
2 x マグマのしぶき
3 x 天才の片鱗
3 x 残骸の漂着
4 x 蓄霊稲妻
1 x 排斥
2 x アズカンタの探索
1 x 不滅の太陽
2 x アゾールの門口
4 x 電招の塔

Sideboard
1 x 削剥
1 x チャンドラの敗北
2 x 反逆の先導者、チャンドラ
3 x 否認
1 x ジェイスの敗北
2 x 燻蒸
1 x 慮外な押収
4 x つむじ風の巨匠


解説

GatheringMagicでAli Aintraziが掲載していたリストになります。以下、記事の抜粋&要約。

メインから採用されている《マグマのしぶき》は、《屑鉄場のたかり屋》等に有効なだけでなく、《電招の塔》と組み合わせることで《スカラベの神》を追放することもできます。

《再燃するフェニックス》、《アゾールの門口》、《電招の塔》を囮にして《削剥》を使わせたところで、《不滅の太陽》を出します。

《不滅の太陽》は2枚引きたくないため、1枚は《発明品の唸り》になっています。すでに《不滅の太陽》があるときには、《発明品の唸り》から《電招の塔》や《アゾールの門口》を持ってきます。

《不滅の太陽》と最も相性がよいクリーチャーは《蝗の神》だとのことで、2枚採用されています。毎ターン、通常ドローの他に《不滅の太陽》の効果でドローするたびに蝗トークンが増えます。さらに《不滅の太陽》の効果で+1/+1修正もかかります。

《アゾールの門口》は対コントロール相手で特に効果を発揮します。手札で腐っている除去を入れ替えたり、裏面の《太陽の聖域》から大量のマナを出せば、隙を作らずに《蝗の神》や《法をもたらす者、アゾール》を出すことができます。

サイドボードについては、低いマナ域で戦わないといけない対アグロデッキ用に《つむじ風の巨匠》が採用されています。《不滅の太陽》が出ていればトークンに+1/+1修正かかります。

《反逆の先導者、チャンドラ》をサイドインするときは、《不滅の太陽》で能力が起動できなくなるため、《不滅の太陽》をサイドアウトするか検討する必要があります。

スポンサードリンク

赤青電招の塔コントロール

出典:Nine New Standard Decks You Haven't Seen
Blue-Red Tower by Gustavo Suna
Lands
4 x 霊気拠点
2 x 周到の砂漠
2 x 進化する未開地
2 x 廃墟の地
2 x イプヌの細流
5 x 島
3 x 山
1 x 屍肉あさりの地
4 x 尖塔断の運河

Creatures
3 x 奔流の機械巨人
2 x 守られた霊気泥棒

Spells
1 x 反逆の先導者、チャンドラ
2 x 削剥
1 x 霊気溶融
4 x 不許可
4 x 電招の塔
3 x 本質の散乱
4 x 天才の片鱗
4 x 蓄霊稲妻
1 x 破滅の刻
1 x 明日からの引き寄せ
3 x アズカンタの探索
2 x 焼けつく双陽

Sideboard
1 x 削剥
1 x 霊気溶融
1 x 反逆の先導者、チャンドラ
1 x チャンドラの敗北
1 x 慮外な押収
1 x 破滅の刻
1 x 周到の神、ケフネト
1 x マグマのしぶき
2 x 否認
1 x 至高の意思
1 x 焼けつく双陽
3 x つむじ風の巨匠


解説

《電招の塔》デッキは、赤青→ティムール(《ならず者の精製屋》入り)→ティムール(精製屋なし)と進化を続けてきたが、いつのまにか消えていました。しかし、《電招の塔》デッキがTCG Playerの記事に取り上げられ、再び日の目を浴びかかっています。

《霊気との調和》が禁止になってしまった今、ティムールカラーで組むメリットは小さそうです。

記事を書いたAdam Yurchick曰く、「《王神の贈り物》デッキが減って《削剥》が減っており、クリーチャーデッキが多い今はメタゲーム的にいい位置にいる」とのこと。

昔は《電招の塔》はあるけどエネルギーを貯める手段がないといったことになりがちでしたが、イクサランで《アズカンタの探索》が追加されて強化されたかもしれません。上記リストにはありませんが、《選択》も採用を検討する価値はあるのではないでしょうか。

また、以前は全体除去である《燻蒸》のためにジェスカイにしているリストもありましたが、今は《破滅の刻》があるため、無理して白を加える必要がありません。ただ、《殺戮の暴君》が存在していることを考えると、白か黒は今でも足したくなるかもしれません。

サイドボードのクリーチャーは、かつてのティムール《電招の塔》デッキが《牙長獣の仔》や《逆毛ハイドラ》をサイドボードに潜ませた変形サイドボードプランをとったりしたのに対して、このリストは赤青なのでアグロ対策にもなる《つむじ風の巨匠》のみ採用となっています。

いっそグリクシスにして、雑に《スカラベの神》を突っ込んでおくのもありかもしれません。

スポンサードリンク