『イクサランの相克』環境の《約束の刻》でマナ加速をして《副陽の接近》を唱えるデッキです。

『イクサランの相克』環境のスタンダードまとめページはこちら




4色・首謀者の収得

出典:Instant Deck Tech: Four-Color Acquisition (Standard)
記事中には解説動画があります。

デッキリスト

Four-Color Acquisition by Oozeki Baku
Lands
1 x オラーズカの拱門
4 x 花盛りの湿地
3 x 秘密の中庭
3 x 森
3 x ハシェプのオアシス
2 x イフニルの死海
1 x イプヌの細流
1 x 島
1 x 平地
3 x まばらな木立
1 x シェフェトの砂丘
2 x 陽花弁の木立
1 x 沼

Creatures
1 x シェフェトのオオトカゲ

Spells
1 x 橋上の戦い
4 x 首謀者の収得
2 x 残骸の漂着
3 x ヴラスカの侮辱
4 x 燻蒸
4 x 約束の刻
4 x 副陽の接近
1 x 不帰+回帰
3 x 開拓+精神
4 x 楽園の贈り物
1 x 不敬の行進
2 x イクサランの束縛

Sideboard
4 x 強迫
1 x 途方もない夢
1 x 明日からの引き寄せ
1 x バントゥ最後の算段
1 x 俗物の放棄
1 x 真っ二つ
4 x 威厳あるカラカル
1 x スカラベの神
1 x 原初の潮流、ネザール

解説

《副陽の接近》4枚だけでは満足できず、《首謀者の取得》4枚まで積んでしまったデッキ。「日本の小さなトーナメント」(=晴れる屋のデッキ検索)で見つけてきた」とのこと。

《アゾールの門口》は入っていないため、どうやら《太陽の聖域》から大量マナを出して《副陽の接近》→《首謀者の取得》→《副陽の接近》とかやるデッキではなさそうです。

以下、解説動画からの抜粋&要約。

基本的な勝ち筋は、緑のカードでマナ加速して《副陽の接近》の1枚目を撃ち、《首謀者の取得》からの2枚目の《副陽の接近》になります。

また、《首謀者の取得》が入っていることにより、相手に合わせてサイドボードから《原初の潮流、ネザール》を持ってくることもできます。

《首謀者の取得》で必要なカードを持ってこれるため、《天才の片鱗》など青のドローソースは不採用となっています。

それ以外のカードについては、時間を稼ぐために大量の除去を詰め込んでいます。

サイドボードには《首謀者の取得》の相方感のある《途方もない夢》が採用されており、墓地に落ちている他のカードと共に《首謀者の取得》を使いまわします。

スポンサードリンク


5色・副陽

出典:FIVE-COLOR RAMP & THE BEST GRIXIS DECK

デッキリスト

Five-Color Hour by Ali Aintrazi
Lands
1 x 島
1 x 沼
2 x 森
2 x 平地
1 x オラーズカの拱門
1 x 水没した地下墓地
1 x 氷河の城砦
1 x ハシェプのオアシス
1 x イフニルの死界
1 x 根縛りの岩山
1 x まばらな木立
1 x 屍肉あさりの地
2 x 陽花弁の木立
3 x 植物の聖域
3 x イプヌの細流
3 x 灌漑農地

Creatures
1 x 原初の災厄、ザカマ

Spells
1 x 征服者のガレオン船
1 x 試練に臨むギデオン
1 x 暗記+記憶
4 x 残骸の漂着
2 x 副陽の接近
2 x 燻蒸
2 x 首謀者の収得
2 x 開拓+精神
4 x 約束の刻
2 x 排斥
2 x 砂漠の拘留
2 x アズカンタの探索
3 x 不可解な終焉
4 x 楽園の贈り物

Sideboard
1 x 原初の潮流、ネザール
1 x 厳粛
1 x 川ヤツガシラ
1 x 正気減らし
1 x 花粉のもや
1 x スカラベの神
1 x 威厳あるカラカル
1 x 王神、ニコル・ボーラス
1 x 失われた遺産
1 x 川の叱責
1 x 領事の権限
1 x 圧倒的輝き
1 x 不滅の太陽
2 x 否認

解説

バントカラーのコントロールデッキで、タッチ赤黒のデッキ。赤は《原初の災厄、ザカマ》のためだけにタッチされています。

メインの勝ち手段は《副陽の接近》で、状況によっては《約束の刻》のゾンビ・トークンや《原初の災厄、ザカマ》で殴りきったり、《イプヌの細流》でライブラリー・アウトさせます。

《征服者のガレオン船》は《約束の刻》から出てくるゾンビ・トークンで搭乗して反転させます。反転して《征服者の橋頭堡》になってしまえば、大量にマナが出るこのデッキであれば毎ターン《燻蒸》を撃つこともできます。
Unknown-6

《首謀者の収得》はメインデッキまたはサイドボードから好きなカードを相手に見せずに手札に加えることができます。そのため、メインボードとサイドボードには各デッキへの対策カードが1枚ずつ採用されています。

《厳粛》は対黒緑《巻きつき蛇》、《失われた遺産》《試練に臨むギデオン》は対《副陽の接近》、《正気減らし》は対ライブラリーアウトで勝ちたい相手、《川の叱責》は対トークン、《圧倒的輝き》は起動型能力を止めるだけでなく、「永遠」で墓地から4/4になってくるクリーチャーを1/1にしてくれます。

このデッキはまだチューニング中で、フライデーに持ち込むのはいいけど、それ以外のガチの大会に持ち込むのはお勧めしないとのことです。

スポンサードリンク

バント副陽

Jim Davisが1/20に開催されたSCGオープンで使用していたデッキです。

デッキリスト

Bant Approach by Jim Davis
Lands
1 x オラーズカの拱門
3 x 植物の聖域
2 x 不屈の砂漠
2 x 森
1 x ハシェプのオアシス
4 x イプヌの細流
4 x 灌漑農地
1 x 島
2 x 平地
1 x 屍肉あさりの地
1 x シェフェトの砂丘
3 x 陽花弁の木立

Spells
3 x 不可解な終焉
2 x 排斥
2 x 楽園の贈り物
3 x イクサランの束縛
2 x アズカンタの探索
4 x 副陽の接近
3 x 燻蒸
4 x 約束の刻
4 x 開拓+精神
3 x 魔学コンパス
2 x 本質の散乱
3 x 残骸の漂着

Sideboard
1 x 不可解な終焉
2 x 殺戮の暴君
2 x 砂漠の拘留
1 x 断片化
2 x ジェイスの敗北
3 x 否認
4 x 威厳あるカラカル

解説

《約束の刻》、《開拓》、《楽園の贈り物》でマナ加速をして、早いターンで《副陽の接近》を唱えるデッキ。

《約束の刻》は基本地形以外もサーチできるため、単にマナ加速をするだけでなく《オラーズカの拱門》や《屍肉あさりの地》といった1枚挿しの土地をサーチしてきます。

その他、イクサランの相克からは《不可解な終焉》が採用されています。《霊気溶融》よりもこちらのほうが優れているとのことです。《霊気溶融》には瞬速というメリットがあるものの、《巻きつき蛇》や《光袖会の収集者》に対して有効ではなかったり、《屑鉄場のたかり屋》や《地揺すりのケンラ》につけても《燻蒸》を撃ったら墓地から帰ってきてしまうからだと思われます。

4マナの除去については《排斥》よりも《イクサランの束縛》のほうが優先されています。これは、どのみちソーサリータイミングで動くことが多いデッキなのと、1度《栄光をもたらすもの》を追放してしまえば速攻で殴られて突然死することがなく安心だからとのことです。

《魔学コンパス》はこのデッキに特徴的なカードで、3ターン目《開拓》、4ターン目《約束の刻》で5ターン目に《魔学コンパス》を出せば、すぐに反転させることができます。

ティムール・エネルギーなどサイドボード後に《否認》を構えてくるようなデッキ相手には、《殺戮の暴君》+《威厳あるカラカル》というクリーチャーを展開するプランで戦います。

スポンサードリンク