Jim Davis曰く『イクサランの相克』版英雄的デッキ。

オーラ呪文を唱えるたびにカードを1枚引ける《上級建設官、スラム》を中心として、軽量クリーチャーと大量のオーラを放り込んだデッキになります。
Unknown-2

『イクサランの相克』環境のスタンダードまとめページはこちら




青白スラム・オーラ

出典:Pro Tour Prediction Payoffs, A Great Event, And U/W Auras Updates!

デッキリスト

UW Sram Auras by Jim Davis
Lands
3 x 灌漑農地
4 x 氷河の城砦
4 x 島
7 x 平地
2 x シェフェトの砂丘

Creatures
3 x 聖なる猫
4 x 空渡りの野心家
4 x アダントの先兵
4 x 典雅な襲撃者
4 x 上級建設官、スラム
1 x ナクタムンの侍臣、テムメト

Spells
3 x 不可解な終焉
4 x 結束のカルトーシュ
4 x 知識のカルトーシュ
4 x 執着的探訪
2 x 潜伏
3 x 軍団の上陸
 
Sideboard
2 x 領事の権限
1 x 不可解な終焉
4 x 否認
2 x 残骸の漂着
2 x 呪文貫き
2 x 試練に臨むギデオン
2 x 断片化


解説

青白オーラについて、Jim Davisが改良版のリストを掲載していました。以下、記事の抜粋&要約。

クリーチャーは、《ナクタムンの侍臣、テムメト》が1枚増えています。代わりに、同じゲームブレーカー枠である《結束の試練》を不採用にしています。
temmet_vizier_of_naktamun
除去が多いデッキにあたったときにオーラが手札で腐ってしまうため、クリーチャーが少しでも多いという考え方でテムメトを採用しています。

また、《防護の光》2枚が《潜伏》2枚に変わっています。《防護の光》は破壊不能をつけるだけのため、呪禁をつける《潜伏》のほうが《渇望の時》《ヴラスカの侮辱》《損魂魔道士》といったメタゲーム上よく見かけるカードに対して有利になります。

サイドボードはがらっと変わっていて、《副陽の接近》コントロールや除去が多いグリクシス・コントロール対策で《試練に臨むギデオン》を採用しており、サイズが大きいクリーチャーを叩きつけてくるデッキへの対策として《残骸の漂着》を増やしています。

スポンサードリンク

青白スラム・オーラ

出典:What's Old Is New Again: Bringing Back Heroic

デッキリスト

UW Sram Auras by Jim Davis
Lands
3 x 灌漑農地
4 x 氷河の城砦
4 x 島
7 x 平地
2 x シェフェトの砂丘

Creatures
3 x 聖なる猫
4 x 空渡りの野心家
4 x アダントの先兵
4 x 典雅な襲撃者
4 x 上級建設官、スラム

Spells
3 x 不可解な終焉
4 x 結束のカルトーシュ
4 x 知識のカルトーシュ
4 x 執着的探訪
3 x 軍団の上陸
1 x 結束の試練
2 x 防護の光
 
Sideboard
2 x 領事の権限
1 x 不可解な終焉
2 x 従者の献身
1 x 潜水
3 x 否認
2 x 鉤爪の切りつけ
2 x 呪文貫き
2 x 断片化


解説

Jim DavisがTwitchで配信していたデッキです。
(1/19 SCGに解説記事がアップされていたのでリンク追記。プレイ動画へのリンクもあります。リストも更新しました。)

TwitterでJim Davisに「このデッキでMOで5-0できたよ!」というメッセージも届いていました。

オーラは全て軽量かつエンチャントされているクリーチャーが除去された際の損失が少なくなるよう1ドロー等がついてくるものを選定しています。

【1/19追記】
SCGの記事でリストが更新されていたので、上記のリストも更新しました。《灌漑農地》を1枚減らして《典雅な襲撃者》が3枚から4枚に変わっています。

除去は《送還》3枚がその場しのぎ過ぎたようで、《不可解な終焉》3枚に変わりました。

また、クリーチャーを守るカードが《呪文貫き》2枚から《防護の光》2枚に変わりました。青マナよりも白マナのほうが出しやすいのが理由とのことです。
《防護の光》は破壊不能を付与するため、《燻蒸》を防ぐこともできます。

スポンサードリンク