『イクサランの相克』環境の吸血鬼デッキをまとめています。

『イクサランの相克』環境のスタンダードまとめページはこちら




白黒吸血鬼

出典:Tokens in RIX Standard

デッキリスト

B/W Vampires by Venom1
Lands
4 x 秘密の中庭
2 x 廃墟の地
2 x 放棄された聖域
3 x イフニルの死界
5 x 平地
4 x シェフェトの砂丘
4 x 沼

Creatures
2 x 薄暮の勇者
4 x 薄暮軍団の盲信者
4 x 軍団の副官
3 x 薄暮の殉教者

Spells
4 x 饗宴への召集
3 x 排斥
3 x 致命的な一押し
2 x イクサランの束縛
3 x 軍団の上陸
4 x 女王の任命
4 x 光輝の運命
Sideboard
2 x アルゲールの断血
4 x 強迫
1 x 致命的な一押し
3 x 断片化
2 x 失われた遺産
2 x 不敬の行進
1 x 不滅の太陽


解説

mtgmintcardのLee Shi Tianのトークンデッキ解説記事に掲載されていたリストです。

現在の環境の脅威トップ5は《スカラベの神》、《反逆の先導者、チャンドラ》、《再燃するフェニックス》、《熱烈の神、ハゾレト》、《光袖会の収集者》ですが、全体除去は《光袖会の収集者》に対してしか有効ではないため、《ヴラスカの侮辱》や《イクサランの束縛》といった単体除去に寄せたデッキが増えています。

そのため、単体除去に対してトークンデッキが有利であるため、いくつかLee Shi Tianがトークンデッキを解説しており、そのうちの1つがこのデッキになります。

以下、記事の抜粋&要約。

白黒吸血鬼の『イクサランの相克』から登場した、トークンを並べる新しいタイプのデッキ。

トークンを並べて《軍団の副官》《光輝の運命》《シェフェトの砂丘》でトークンを強化します。

吸血鬼トークンは絆魂を持っているため、赤単に対しては《熱烈の神、ハゾレト》はチャンプブロックでしのいで、ダメージレースで勝てます。

《薄暮軍団の盲信者》と《薄暮の殉教者》はどちらも単体除去に対してアドバンテージを得ることができます。

対戦相手がこちらのライフを少なくするかクリーチャーを少なくするかできなければ、《薄暮の勇者》は3ドローくらいのアドバンテージは稼いでくれます。
champion_of_dusk

スポンサードリンク


白黒吸血鬼

出典:Four Standard Decks with Rivals of Ixalan

デッキリスト

WHITE-BLACK CITY'S BLESSING by JACK KIEFER
Lands
4 x 秘密の中庭
4 x 放棄された聖域
3 x イフニルの死界
5 x 平地
4 x シェフェトの砂丘
4 x 沼

Creatures
3 x 冠毛の陽馬
4 x 薄暮軍団の盲信者
4 x 軍団の副官
4 x 薄暮の殉教者

Spells
4 x 饗宴への召集
4 x 女王の任命
2 x 致命的な一押し
2 x イクサランの束縛
3 x 軍団の上陸
4 x 光輝の運命
2 x 飛行機械による拘束
Sideboard
1 x 致命的な一押し
4 x 強迫
3 x 断片化
2 x 失われた遺産
2 x 不敬の行進
2 x 不滅の太陽
1 x ヴラスカの侮辱


解説

グランプリ・メンフィス2018でJack Kieferが使用し、11勝4敗で28位の成績を納めたデッキです。

Jack Kiefer曰く、《冠毛の陽馬》が特徴的な吸血鬼デッキ。

吸血鬼デッキですが、《アダントの先兵》や《空渡りの野心家》は不採用で、代わりに絆魂を持った吸血鬼トークンを生成するカードを大量投入しています。

吸血鬼トークンでライフ回復し、《冠毛の陽馬》から馬トークンを毎ターン生成します。

勝ち筋がそれだけだと《冠毛の陽馬》を除去されただけで終わってしまうので、《軍団の副官》と《光輝の運命》も4枚ずつ採用されており、吸血鬼トークンデッキとしても戦える構成になっています。

スポンサードリンク

青白吸血鬼

MOで5-0していたリストです。

デッキリスト

ウ by CapnCDaWg
Lands
4 x 氷河の城砦
4 x 灌漑農地
2 x 島
1 x 屍肉あさりの地
8 x 平地
4 x シェフェトの砂丘

Creatures
4 x 空渡りの野心家
4 x アダントの先兵
4 x 格納庫の整備士
4 x 薄暮の殉教者
4 x 軍団の征服者
3 x 薄暮の使徒、マーブレン・フェイン
4 x 雲先案内人

Spells
4 x オケチラの碑
2 x 軍団の上陸
2 x 不可解な終焉
2 x イクサランの束縛

Sideboard
3 x 領事の権限
1 x 断片化
2 x 呪文貫き
4 x 否認
2 x 飛行機械による拘束
1 x 法をもたらす者、アゾール
2 x 黄昏+払暁


解説

プロツアー『イクサラン』で有名になった白単吸血鬼に青を足し、《発明の天使》の代わりに《雲先案内人》を追加しています。青白の組み合わせはChannel FireballのPVの記事にも登場していませんでした。

《格納庫の整備士》で手札に戻す対象として、これまでは「《オケチラの碑》がある状態で、もう1体の《格納庫の整備士》を戻してマナの限りトークンを出す」「《軍団の上陸》を再利用」「《発明の天使》を出しなおしてトークンを増やす」などが考えられましたが、青白にすることで《雲先案内人》が手札に戻す選択肢に加わり、よりアドバンテージを稼げるようになりました。

『イクサランの相克』の加入により、《薄暮まといの空渡り》は同じく1マナの《空渡りの野心家》に変わり攻撃力が上がりました。また、戦士と吸血鬼のどちらを指定するか悩ましかった《金属ミミック》は《薄暮の殉教者》に変わりました。

サイドボードについては、青を足したので各種カウンターや《法をもたらす者、アゾール》を採用できるようになりました。

アゾールは《オケチラの碑》があれば5マナで出せるため、例えば相手が後手4ターン目にフルタップしてきたら、返しに《法をもたらす者、アゾール》を出し、後は《呪文貫き》で守ってゲームを終わらせるような使い方をするのかもしれません。
土地を増量し、メインからアゾールを2枚採用しているリストもありました。

スポンサードリンク

白黒吸血鬼

出典:Four Standard Decks with Rivals of Ixalan

デッキリスト

White-Black Vampires by Craig Wescoe
Lands
4 x 秘密の中庭
2 x 放棄された聖域
1 x イフニルの死海
4 x 平地
4 x シェフェトの砂丘
3 x 沼
4 x 手付かずの領土

Creatures
4 x アダントの先兵
2 x 飢えた聖騎士
4 x 軍団の副官
4 x 薄暮の殉教者
3 x 薄暮の使徒、マーブレン・フェイン
4 x 空渡りの野心家
2 x 不死の援護者、ヤヘンニ

Spells
4 x 不可解な終焉
2 x 排斥
2 x 致命的な一押し
3 x 軍団の上陸
4 x 光輝の運命
Sideboard
1 x アルゲールの断血
3 x 強迫
2 x 贖罪の聖騎士
2 x 不敬の行進
2 x 厳粛
4 x 従者の献身
1 x マガーンの鏖殺者、ヴォーナ


解説

白黒にすることで吸血鬼ロードの《軍団の副官》を追加でき、小粒な吸血鬼たちが《軍団の副官》と部族+1/+1修正エンチャントの《光輝の運命》によりサイズアップされ、自分よりも重たいクリーチャーを討ち取ることができるようになります。

死亡時に吸血鬼トークンを出す《薄暮の殉教者》は、《アダントの先兵》と共に特攻要員で、《飢えた聖騎士》はお試しとのことです。

《不可解な終焉》は軽量除去であることに加えてパーマネントのため、《光輝の運命》の昇殿に貢献します。

サイドボードの《従者の献身》は対ラムナプ・レッド用の兵器で、《アダントの先兵》につけて無双します。

スポンサードリンク

白単吸血鬼

出典:Vampire Decks: Let's Do This

デッキリスト

Mono-White Vampires by Gerry Thompson
Lands
16 x 平地
4 x シェフェトの砂丘

Creatures
4 x 金属ミミック
4 x アダントの先兵
2 x 束縛の司教
4 x 薄暮まといの空渡り
4 x 贖罪の聖騎士
4 x 空渡りの野心家
4 x 薄暮の使徒、マーブレン・フェイン

Spells
3 x 試練に臨むギデオン
3 x 不可解な終焉
4 x 光輝の運命
4 x 軍団の上陸
Sideboard
なし


解説

現在の白単吸血鬼といえば、《発明の天使》や《オケチラの碑》など吸血鬼意外の要素も入っていましたが、このリストでは完全に吸血鬼デッキにしています。

1マナの《空渡りの野心家》が増えたことから、《光輝の運命》や《金属ミミック》も投入したより速いデッキになっています。
jp_oPJ87YBIaP-1

スポンサードリンク