自分の唱えた呪文の対象になると+1/+1カウンターが乗る「英雄的」を持ったクリーチャーを主力としたデッキです。

Paupserのデッキまとめページはこちら

白単英雄的

MOで5-0していたリストです。

デッキリスト

mono-white heroic by rndfunction
Lands
18 x 平地

Creatures
4 x ラゴンナ団の先駆者
4 x 聖なる猫
4 x アクロスの空護衛
4 x 道の探求者

Spells
4 x 無傷の発現
3 x 変異原性の成長
2 x 二度裂き
1 x 儚き盾
4 x 結束のカルトーシュ
4 x 天上の鎧
4 x ハイエナの陰影
4 x チョー=マノの祝福

Sideboard
3 x 亡霊招き
3 x 死者の代弁者
2 x 絆魂
2 x 義務と道理の盾
1 x 解呪
2 x 黒曜石の見習い僧
2 x 軍旗の旗手


解説

コモンだけなのに意外とデッキに金がかかるパウパー界において、2000円という驚異の低予算で組めるデッキ。

《ラゴンナ団の先駆者》は高タフネスで序盤の攻撃を防ぐだけでなく、《稲妻》にも耐えることができる、かつてスタンダードの英雄的でも2枚くらい採用されていたクリーチャーです。

《道の探求者》は「英雄的」ではなく「果敢」持ちクリーチャーですが、各種オーラで強化して、適当に果敢を誘発させてアタックするだけで強いです。

それだけだと空がノーガードになってしまうため、飛行持ちの《アクロスの空護衛》が採用されています。

《無傷の発現》と《チョー=マノの祝福》はプロテクションを与えることにより、自分のクリーチャーを除去から守るだけでなく、ブロックされずに攻撃を通せるようになります。

また、《二度裂き》は二段攻撃を付与するインスタントで、トドメの一撃に使います。

サイドボードは、緑、青、黒に対するプロテクションが山盛りです。
赤(バーン)に対しては、高タフネスの《ラゴンナ団の先駆者》がいたり、プロテクションをつけれたり、各種絆魂クリーチャーがいたりと相性がよさそうで、サイド後はプロテクションではなく《絆魂》によるライフ回復と《軍旗の旗手》による除去避けを追加するものと思われます。

【解説記事】
Instant Deck Tech: Mono-White Heroic (Pauper)
Deck of the Day: Mono-White Heroic (Pauper)

スポンサードリンク