エルフを出してマナを出してさらにエルフを出すデッキです。

Paupserのデッキまとめページはこちら

Elves

デッキリスト

Elves by TheMaverickGirl
Lands
12 x 森
1 x 島

Creatures
4 x 樺の知識のレインジャー
2 x エルフの神秘化
2 x 本質の管理人
2 x Fyndhorn Elves
3 x ラノワールのエルフ
2 x イラクサの歩哨
4 x クウィリーオン・レインジャー
3 x エルフの先兵
4 x ティタニアの僧侶
2 x 森のレインジャー
4 x 幸運を祈る者
4 x 森林守りのエルフ
4 x リス・アラナの狩りの達人

Spells
2 x 暴走の先導
3 x 遠くの旋律
2 x ヴィリジアンの長弓

Sideboard
1 x 大祖始の遺産
2 x 散弾の射手
3 x 上機嫌の破壊
1 x 暴徒の正義
2 x 一瞬の平和
2 x 暴走の先導
2 x 発光する雨
2 x 蜘蛛糸の鎧

※《Fyndhorn Elves》はアイスエイジのカードで日本語版なし。

解説

土地がわずか13枚で、大量のマナ・クリーチャーから出したマナでエルフを次々に場に出していきます。

それだけではすぐに手札が空になってしまい貧弱なエルフが数体、場に残るだけになってしまいますが、《暴走の先導》と《遠くの旋律》で手札を補充します。

《暴走の先導》はデッキトップを5枚見てクリーチャーカードを全部手札に持ってくることができます。クリーチャーが40枚入っているこのデッキでは数枚はカードを引けると思われます。
《遠くの旋律》は指定したクリーチャー・タイプのパーマネントの数だけカードを引けるため、大量のエルフがさらに大量のエルフを呼び込みます。このカードのためだけにデッキに青をタッチしています。

青マナは、《森のレインジャー》で島を持ってくるか、《樺の知識のレインジャー》で出します。《樺の知識のレインジャー》はアンタップ状態のエルフを2体タップすることで好きな色マナを出すことができ、自分自身も含めて召喚酔いしているエルフをタップしてもよいためクリーチャーの展開を加速するのにも貢献してくれます。

《ヴィリジアンの長弓》は装備すると「タップ:対象のクリーチャー1体からプレイヤー1人に1点のダメージを与える」能力が付与される装備品です。装備コストが3マナと重たいですが、《ティタニアの僧侶》から大量のマナが出れば次々とアンタップ状態のクリーチャーに付け替えることができます。

《ティタニアの僧侶》は、《クウィリーオン・レインジャー》でアンタップしてやれば大量にマナが生まれます。

クリーチャー除去が少ない分、バーン等のアグレッシブなデッキ相手には《本質の管理人》や《幸運を祈る者》でライフ回復をします。《幸運を祈る者》を《クウィリーオン・レインジャー》でアンタップしてやれば大量にライフを回復できます。サイドボードにも指定したタイプのクリーチャー1体につき2点回復する《発光する雨》を採用しています。

デルバーのような空から攻めてくるデッキ相手には、サイドボードの《散弾の射手》と《蜘蛛糸の鎧》で対抗します。

《一瞬の平和》はイゼット・ブリッツや裏返しコンボのような一発デッキ相手に使用します。

上記リストには採用されていませんが、全体2点ダメージの《エヴィンカーの正義》への対策として《活力の覆い》(自分のクリーチャー全員再生)をサイドボードに採用しているリストもあります。

【解説記事】
Playing Pauper: Elves
Deck of the Day: Elves (Pauper)

スポンサードリンク