追加コストでアーティファクトを1つ生贄に捧げると1/1のゴブリン・トークンを3体生成してくれる赤の1マナソーサリー、《カルドーサの再誕/Kuldotha Rebirth》等のアーティファクトシナジーがあるカードを使った赤白(ボロスカラー)のアグロデッキです。


Kuldotha Boros

MOで5-0していたリストになります。

デッキリスト

Kuldotha Boros by by tarkanmag
Lands
3 x 古えの居住地
3 x ボロスの駐屯地
2 x 忘れられた洞窟
4 x 大焼炉
1 x 山
2 x 平地
2 x 光輝の泉
1 x 隔離されたステップ
3 x 風に削られた岩山

Creatures
3 x きらめく鷹
3 x スレイベンの検査官
4 x コーの空漁師
4 x 道の探求者

Spells
4 x 感電破
3 x カルドーサの再誕
4 x 稲妻
2 x 農民の結集
2 x 金切るときの声
1 x 黄鉄の呪文爆弾
3 x 胆液の水源
4 x 予言のプリズム
2 x 未達への旅

Sideboard
2 x 電謀
1 x 断片化
2 x ゴリラのシャーマン
2 x クラーク族のシャーマン
2 x 紅蓮破
1 x 鋭い痛み
2 x 孤独な宣教師
1 x 虹色の断片
2 x 貴族階級の嘲笑


解説

《きらめく鷹》、《コーの空漁師》はそれぞれ1マナ2/2飛行、2マナ2/3飛行と高スペックですが、場に出たときに自分がコントロールするアーティファクトやパーマネントを手札に戻す必要があります。

そのため、1マナアーティファクトとして《スレイベンの検査官》(手がかりトークン)、《黄鉄の呪文爆弾》や、《古えの居住地》《大焼炉》といったアーティファクトの土地が採用されています。

また、《カルドーサの再誕》も投入されておりアーティファクト・シナジーが強化されています。また、《感電破》はアーティファクトを3つ以上コントロールしていると2点ダメージが4点ダメージになるクリーチャー/本体火力ですが、このデッキであれば普通に4点火力で撃つことができ、《稲妻》よりも強力な火力になります。

軽量クリーチャー、《カルドーサの再誕》や《金切るときの声》のトークンを並べた後は、《農民の結集》で+2/+0修正をつけて一気にトドメをさします。

スポンサードリンク