Unstable関連の記事が色々出てきたのでまとめてみました。

Unstableは限定生産ではないため売れたら再生産するようです。



カードリスト、ストーリーなど

『Unstable』 日本語対訳カードリスト

・『Unstable』のスクラップ その1その2その3
Mark RosewaterによるUnstableのカードデザインの話になります。

ワールド・クラス
Unstableのストーリーです。

壁紙

ルール系

『Unstable』のメカニズム
からくりの使い方とか書いてあります。

『Unstable』 よくある質問とそうでもない質問とめったにないだろうけど一応答えておく質問集
上記以外にもBlogatogで個別に質問に答えています。数が多いので全部読むのはしんどいです。

戦略記事

Unstableドラフト・ウィークエンドに向けた7つのコツ(本ブログ内記事)
「《ぼやけたビーブル/Blurry Beeble》をブロックできるから、メガネを百円均一で買って行ったほうがいい」とかそういう話。

スポンサードリンク

カード評価

Unstable Limited Set Review
Channel FireballのLuis Scott-Vargas によるリミテッドでのカード評価です。
高評価のカードは以下のようです。

1位 ルールの法律家/Rules Lawyer
2位 別探索/Side Quest
3位 老害な守護者/Old Guard


1位 運命の壁/Wall of Fortune
2位 はめ込み式起動輪人/Socketed Sprocketer
3位 大体/More or Less


1位 頭蓋円盤/Skull Saucer
2位 俺の屍を越えて/Over My Dead Bodies
3位 ハングマン/Hangman


1位 無限の精霊/Infinity Elemental
2位 パイ投げ/Just Desserts
3位 すごいアイデア/The Big Idea


1位 殺人カマキリ/Slaying Mantis
2位 甲羅象/Shellephant
3位 地ならし兵/Ground Pounder

マルチカラー・アーティファクト
1位《緊急修正/Hot Fix》
2位《どっちの手にクローン機/Handy Dandy Clone Machine》
3位《古きバズバーク/Ol' Buzzbark》

スポンサードリンク

統率者

2018年1月15日まで統率者で銀枠カードが使えるため、統率者に関する記事もいくつかありました。
The Big Idea Deck
《すごいアイデア/The Big Idea》を使用したデッキが、からくりデッキ付きで掲載されています。

Top 10 Unstable Cards That Make Sense in Commander
カジュアルに統率者で遊ぶ際の注目カード10選。ただし、実際に試してはいないとのこと。

・コマンダー塚本の統率者最前線! vol.38 -ギンギラギンはさりげなくない-

キューブドラフト

※キューブドラフトとは、売っているブースターパックの代わりに、自分たちでカードの束を用意してそれでドラフトをする遊び方です。
アングルード、アンヒンジド、アンステイブルを使った銀枠のギューブの作り方について、Channel Fireballで記事が公開されています。
An Un-Inspired Cube! By Rachel Agnes

内容を抜粋すると以下のとおり。
案1:アンステイブルだけでキューブを作る。
この場合、キューブの中身は、同じカードをコモン6枚、アンコモン3枚、レア1枚、神話レア1枚ずつ用意します。カードを集めやすい、シナジーのあるデッキが組みやすいというメリットがある一方、カードが少ないので飽きるというデメリットがあります。

案2:アングルード、アンヒンジド、アンステイブルを混ぜる。
この場合、キューブの中身は全カード1枚ずつになります。メリットとデメリットは案1の裏返しで、カード間のシナジーは同一セット内に閉じているので、シナジーのあるデッキが組みにくくなるデメリットがあります。

案3:上記2案のハイブリッド案
アンステイブルをベースに、アングルードとアンヒンジドのカードを足します。
元記事に筆者のオススメキューブが書いてあります。

スポンサードリンク