《活性機構》、《抽出機構》、《製造機構》を揃えることに全力投入しているデッキがMOで5-0していました。

イクサラン環境のスタンダードデッキまとめはこちら

赤青機構 by Wonkothekiller

SCGでRoss Merriamがこのデッキを回している動画もアップしています。
Video Daily Digest: Oodles Of Modules!

UR by Wonkothekiller

4 x 霊気拠点
1 x 発明博覧会
10 x 島
1 x 山
4 x 産業の塔
4 x 尖塔断の運河

Creatures
4 x 歩行バリスタ
4 x 亢進する亀
4 x 光集めの鶴
1 x 金属ミミック
4 x つむじ風の巨匠

Spells
2 x 金属の叱責
4 x 発明品の唸り
4 x 活性機構
4 x 抽出機構
4 x 製造機構
1 x ゴンティの霊気心臓
Sideboard
1 x 発明博覧会
3 x 蓄霊稲妻
2 x 否認
2 x 守られた霊気泥棒
3 x 焦熱の連続砲撃
2 x 金属の叱責
2 x 解析調査

解説

《活性機構》、《抽出機構》、《製造機構》の3つが揃えば、あとは+1/+1カウンターを得るか、エネルギーを得るか、クリーチャーが出るかすれば、《活性機構》の1マナが払える限り霊気装置トークンが生まれます。

《金属ミミック》や《製造機構》で+1/+1カウンターを乗せて強化した霊気装置トークンたちが、《ゴンティの霊気心臓》の追加ターンで速攻持ちかのように殴って来ます。

《抽出機構》(自分のクリーチャーが場に出るとエネルギーを1個得る)3枚と《つむじ風の巨匠》が揃えば無限に飛行機械トークンを出すことができます。

また、Channel Fireballの記事「Deck of the Day: U/R Modules By Eric Froehlich」のコメント欄にデッキ製作者本人が降臨し、デッキ構成について回答していました。

《亢進する亀》よりも《蓄霊稲妻》を入れた方がいいんじゃないかという質問に対しては、3つの機構のコンボを回すためにはクリーチャーが必要なため亀の方がいいとのこと。

そのため、アグロデッキに対してはとても不利とのこと。グランプリにこのデッキで出てボコボコだったようです。

また、《活性機構》(+1/+1カウンターが乗った時に1マナ払うと構築物トークンが出てくるやつ)は複数枚不要だから枚数を減らしていいのではないかという質問に対しては、1枚はサイドボードに入れているカードと交換しても良いけど、コンボデッキなので無駄引きするリスクよりも確実に引ける方を選んだとのこと。

機構が3つ揃っている時に《つむじ風の巨匠》を出した場合に手早く誘発を解決したりとか、まずは一人で十分に練習してから大会に臨む必要がありそうです。


スポンサードリンク