approach-of-the-secondd-sun-730x280


夜20時から仕事の大事そうな打ち合わせの案内が来ていたものの、無視して秋葉原へ

使用デッキは青白副陽の接近(Bule-White Approach)です。


大した成績ではないので書くまでもないのですが、一応デッキリストは以下のとおり。

Lands
4 x イプヌの細流
4 x 氷河の城砦
4 x 灌漑農地
2 x 廃墟の地
4 x 島
6 x 平地
1 x 周到の砂漠
Spells
1 x 試練に臨むギデオン
3 x 副陽の接近
3 x 燻蒸
1 x 本質の散乱
4 x 検閲
4 x 至高の意思
2 x 不許可
4 x 天才の片鱗
2 x 残骸の漂着
1 x 明日からの引き寄せ
1 x 農場+市場
4 x 排斥
3 x 霊気溶融
2 x アズカンタの探索

Sideboard
3 x 否認
2 x ジェイスの敗北
2 x 威厳あるカラカル
1 x 試練に臨むギデオン
1 x 本質の散乱
2 x 奔流の機械巨人
1 x 燻蒸
1 x 正気減らし→コントロール対策         
1 x 霊気溶融 
1 x 啓示の刻 →トークン対策

サイドボードには普段は《領事の権限》を3枚入れていますが、このお店では最近ラムナプ・レッドに当たらないので今回から店舗メタで全抜きしてみました。

1回戦 vs ナヤ《不屈の独創力
《軍団の上陸》、《霊気装置の展示》、《スラムの巧技》からの《イトリモクの成長儀式》による大量マナで《太陽の化身、ギシャス》や《焼熱の太陽の化身》が出て来たり、《不屈の独創力》でトークンを生贄に捧げて《太陽の化身、ギシャス》や《焼熱の太陽の化身》が出てくるデッキ。
トークンに《燻蒸》を打って一息ついていると、突然ギシャスが速攻でトドメを刺しに来ます

1本目は相手が土地2枚で止まったためデッキがよく分からないまま終了。
2本目はトークンにガリガリ削られて、残りライフ3になり《焦熱の太陽の化身》を出されたら終わりというところまで追い込まれましたが、なんとか《副陽の接近》を2回唱えて勝ち。

2回戦 vs トレジャー・レッド
店舗メタで《領事の権限》を抜いたことを後悔。
1本目は《霊気溶融》で時間を稼いで《副陽の接近》2回が間に合うも、2本目と3本目は土地が詰まっている間にあっさり轢き殺されました。

なお、このトレジャー・レッドは3回戦でも《領事の権限》を抜いた《副陽の接近》デッキと当たっており、あっさりと轢き殺していました。今日ほどメタゲームの大切さを思い知らされた日はありませんでした。

3回戦 vs スゥルタイ・エネルギー
1本目 メイン戦は相性が良いので、さすがに勝ち。
2本目、3本目 《光袖会の収集者》や《ならず者の精製屋》でアドバンテージを取られ、全体除去はカウンターされて普通に負け。クリーチャーがアドを稼ぐ上に《強迫》と《否認》もあるスゥルタイはどうしても苦手です。




スポンサードリンク