《差し迫る破滅》デッキのまとめページです。

イクサラン環境のスタンダードデッキまとめはこちら

ちなみに、ローテーション前の《差し迫る破滅》デッキはこちら


ジェスカイ差し迫る破滅

Jim Davisがチャリティか何かのTwitch配信で回していたリストになります。
デッキリストの呪文はマナコスト順に並べてあります。

デッキリスト

ジェスカイ差し迫る破滅 by Jim Davis
Lands
4 x 霊気拠点
2 x 氷河の城砦
4 x 感動的な眺望所
4 x 島
2 x 山
4 x 尖塔断の運河

Spells
4 x 選択
4 x ショック
2 x 呪文貫き
4 x 検閲
2 x 蓄霊稲妻
4 x 稲妻の一撃
2 x アズカンタの探索
2 x 謎変化
4 x 至高の意思
4 x 差し迫る破滅
4 x 天才の片鱗
4 x 反逆の先導者、チャンドラ

 
Sideboard
4 x 領事の権限
2 x 燻蒸
3 x 削剥
3 x 否認
3 x 暴れ回るフェロキドン
 

解説

《差し迫る破滅》の効果で相手のクリーチャーを焼き払い、《謎変化》で殴りきるデッキ。相手がクリーチャー少なめのコントロールだった場合、《差し迫る破滅》のダメージは全て本体に叩き込みます。

上記のリストは4マナまでのカードしか入っていないため、《差し迫る破滅》を並べてもダメージが4点まで飛んだところで打ち止めになってしまいます。また、せっかく白が入っているのに《燻蒸》がメインボードに不採用となっており、メインでは《逆毛ハイドラ》に対処できません。

ということで、Jim Davisですらスゥルタイエネルギーにもティムールエネルギーにも黒緑巻きつき蛇にもボコボコにされていました。Jim Davisがボコボコにされる様子はこちらで見れます。

やはりX呪文がないとダメということに気づいたJim Davisは、最終的には白の代わりに黒を入れて《木端+微塵》3枚を追加。また、《燻蒸》がなくなった代わりに《破滅の刻》をメインに2枚追加していました。

最終形では《原初の呪物》と《機械医学的召喚》も入れていたのですが、反転した《原初の呪物》と《機械医学的召喚》が揃うともはや《差し迫る破滅》は関係なく強い動きをしていました。

【ボックス】MTG 破滅の刻 ブースターパック [韓国版]

【FOIL】差し迫る破滅/Imminent Doom

スポンサードリンク