MTG GoldfishのInstant Deck Teckのコーナーで緑地帯の暴れ者を使用したコンボデッキが紹介されていました。

Instant Deck Tech: March of the Elephants (Standard)

イクサラン環境のスタンダードデッキまとめはこちら



象の行進

デッキリスト

Lands
4 x 霊気拠点
3 x 植物の聖域
7 x 森
1 x 島
1 x 山
3 x 根縛りの岩山
1 x 沼

Creatures
1 x 歩行バリスタ
4 x 緑地帯の暴れ者
1 x 査問長官
4 x ナーガの生気論者
4 x 導路の召使い
3 x 開花のドライアド
3 x 機知の勇者
3 x 戦利品の魔道士
2 x 速製職人の反逆者

Spells
4 x 選択
2 x 木端+微塵
1 x バントゥの碑
1 x 耕作者の荷馬車
1 x 鼓舞する彫像
2 x 造命師の動物記
4 x パラドックス装置

 
Sideboard
2 x 領事の権限
2 x ギラプールの希望
1 x 造命の賢者、オビア・パースリー
2 x 英雄的介入
2 x 人工物への興味
1 x 配分の領事、カンバール
3 x 失われた遺産
1 x うろつく蛇豹
1 x 木端+微塵
 

解説

《パラドクスエンジン》を出した状態で《緑地帯の暴れ者》を無限に出し入れするデッキになります。

無限に出し入れするための手順は以下のとおり。
①マナクリーチャー、パラドクスエンジン、エネルギー消費係(《導路の召使い》または《査問長官》)を場に並べる。

②エネルギーを空にした状態で《緑地帯の暴れ者》を出す。するとパラドクスエンジンの効果でマナクリーチャーやエネルギー消費係がアンタップし、《緑地帯の暴れ者》が手札に帰っていく。

③②で発生したエネルギーを消費した後、②に戻る。(無限ループ)


象を無限に出し入れしているだけでは勝てないため、フィニッシャーとして以下のカードたちが採用されています。

マナクリーチャーを2体以上並べて無限マナが出る状態にして、《木端+微塵》の微塵でトドメをさす

《バントゥの碑》(クリーチャー呪文を唱えると相手からライフを1点ドレイン)でライフを吸い尽くす

《速製職人の反逆者》で《パラドックス装置》に「タップ:クリーチャー1体かプレイヤー1人に2点のダメージ」の能力を付与し、《パラドックス装置》をタップ2点→象を出して《パラドックス装置》をアンタップを繰り返して相手を焼き殺す

《査問長官》で相手をライブラリーアウトさせる。


コンボパーツ以外は《機知の勇者》、《戦利品の魔道士》、《選択》などコンボパーツを探しにいくためのカードで埋められています。

打ち消し呪文等でこちらのコンボを妨害してくる相手に対しては、《ギラプールの希望》をサイドインします。

スポンサードリンク