ネットで見つけた青黒コントロールのリストと解説の概要を紹介しています。詳細は元記事をご参照ください。
イクサラン環境のスタンダードデッキまとめはこちら


青黒コントロール by J Kelvin Chew

mintcardの記事「Blue-Black Control at Worlds」でKelvin Chewが公開していた、世界選手権後の改良版青黒コントロールになります。元記事中にはサイドボードガイドが掲載されています。

また、同じくmintcardでChapman Simが「Blue-Black Control at Nationals」という記事の中で国別選手権2017アメリカ向けにKelvin Chewとチューニングした青黒コントロールについても解説していたので、そちらも参考にしました。

デッキリスト

青黒コントロール by Kelvin Chew
Lands
4 x 水没した地下墓地
4 x 異臭の池
2 x 廃墟の地
2 x 島
3 x 水没した骨塚
7 x 沼

Creatures
3 x スカラベの神
2 x 奔流の機械巨人

Spells
2 x 霊気溶融
1 x バントゥ最後の算段
3 x 検閲
4 x 不許可
2 x 本質の摘出
4 x 本質の散乱
4 x 致命的な一押し
4 x 天才の片鱗
2 x アズカンタの探索
3 x ヴラスカの侮辱

Sideboard
2 x アルゲールの断血
1 x バントゥ最後の算段
4 x 強迫
2 x 本質の摘出
2 x 否認
1 x 廃墟の地
3 x 才気ある霊基体

解説

《アズカンタの探索》の枚数について、複数引きたくないためメインボードは2枚に抑えられています。しかしコントロール同型では多く引きたいカードであることから、サイドボードには《アズカンタの探索》と並べて場に出せる《アルゲールの断血》2枚が採用されています。

《天才の片鱗》について、上記のリストでは4枚採用されていますが、Chapman Simの記事によれば《天才の片鱗》2枚と《ヒエログリフの輝き》2枚がベストな組み合わせとのことです。展開が速いマッチアップでは《天才の片鱗》を唱えている暇がないため2枚はサイドボード後は抜いてしまうし、サイクリングで回答を探しにいけることを重要視しているためです。

《霊気溶融》はカウンターできなかったクリーチャーに対する2マナのベストなインスタント除去として採用されています。《地揺すりのケンラ》や《アン一門の壊し屋》といった軽量クリーチャーの他に、《栄光をもたらすもの》にも対処できます。

Joshのリストでは《スカラベの神》が2枚で《奔流の機械巨人》が3枚であったのに対して、こちらでは《スカラベの神》が3枚で《奔流の機械巨人》が2枚となっています。これは、《スカラベの神》がゲーム中盤の早い段階で引きたいカードであることと、ラムナプレッドやティムールエネルギーに対しては《奔流の機械巨人》よりも《スカラベの神》の方が有効であるからとのことです。

《ヴラスカの侮辱》の採用枚数は3枚ですが、ハゾレト、チャンドラ、ヴラスカ、《スカラベの神》と追放したいカードが多いことから、Chapman Simのリストではメインに4枚採用されています。

また、土地について、Chapman Simのリストでは長期戦で相手をライブラリーアウトさせたり《副陽の接近》を墓地に落とすために、《イプヌの細流》と《周到の砂漠》が1枚ずつ採用されています。

このデッキではサイドボードに《多面層の侍臣》を採用しておらず、代わりに《バントゥ最後の算段》を採用しています。これは、《多面層の侍臣》は《スカラベの神》《奔流の機械巨人》《殺戮の暴君》といったカードをコピーしますが用途が限定できであり、《バントゥ最後の算段》であればトークンデッキに対しても有効であるためです。

サイドボードの《才気ある霊基体》はラムナプ・レッドとコントロール相手に使用します。ラムナプ・レッド相手には、《稲妻の一撃》で除去されても《スカラベの神》で4/4絆魂になって戻ってきます。

スポンサードリンク

青黒コントロール by Josh Utter-Lyon

世界選手権でJosh Utter-Lyon選手が使用していたリストになります。『奔流の機械巨人』を『スカラベの神』で墓地から戻し始めたらゲームエンドです。
世界選手権では同様のデッキを4人でシェアしており、それぞれのデッキの考え方を公式のインタビュー記事で紹介しています。

デッキリスト

青黒コントロール by Josh Utter-Lyon
Lands
6 x 島
5 x 沼
4 x 異臭の池
4 x 水没した地下墓地
4 x 進化する未開地
3 x 廃墟の地

Creatures
2 x スカラベの神
3 x 奔流の機械巨人

Spells
4 x 致命的な一押し
4 x 検閲
4 x 本質の散乱
3 x アズカンタの探索
4 x 不許可
2 x 本質の摘出
4 x ヒエログリフの輝き
3 x ヴラスカの侮辱
1 x 天才の片鱗

Sideboard
3 x 禁制品の黒幕
2 x 多面層の侍臣
4 x 強迫
2 x 否認
1 x アルゲールの断血
1 x 宝物の地図
1 x 本質の摘出
1 x 廃墟の地

解説

Joshが青黒コントロールを採用した理由が「『アズカンタの探索』がぶっ壊れてるカードだから」と言うだけあって、メインから3枚と多く採用されています。
4マナと重たく序盤に重ねびくと邪魔になる『天才の片鱗』は、『アズカンタの探索』があるため枚数が1枚に抑えられ、序盤はサイクリングに回せる『ヒエログリフの輝き』が4枚採用されています。
相手の『アズカンタの探索』への対策として、メインとサイド合わせて4枚の「廃墟の地」を採用しており、裏返った『水没遺跡、アズカンタ』を破壊するのに使用します。

『強迫』『否認』『アルゲールの断血』『宝物の地図』がコントロール相手にサイドインするカードになります。

メインに2枚とサイドに1枚採用された『本質の摘出』は他に強い除去がないから採用しています。赤単相手に、アンコモンのくせにフレイバーテキストがやたら偉そうな『禁制品の黒幕』と合わせてサイドインします。

『多面層の侍臣』はティムールエネルギーなど優秀なクリーチャーを出してくるデッキ相手にサイドインします。 
スポンサードリンク