先週はGP静岡でフライデーに出れなかったので、イクサラン発売後の初フライデーに行ってきました。
使用デッキはJim Davisの青白コントロールをだいたいコピーしました。

デッキリスト

Lands
2 x 氷河の城砦
4 x 灌漑農地
4 x イプヌの細流
2 x 周到の砂漠
6 x 島
7 x 平地

Creatures


Spells
3 x 霊気溶融
4 x 排斥
4 x 検閲
1 x 不許可
1 x 本質の散乱
2 x 農場+市場
4 x 天才の片鱗
4 x 選択
1 x 残骸の漂着
2 x 至高の意思
2 x アズカンタの探索
3 x 副陽の接近
4 x 燻蒸
   
 
 
Sideboard
2 x 奔流の機械巨人
2 x 威厳あるカラカル
3 x 領事の権限
1 x 試練に臨むギデオン
3 x 否認
1 x 不許可
1 x 残骸の漂着
1 x 本質の散乱
1 x 慮外な押収
参考にしたJim Davisのリストではメインに『残骸の漂着』が2枚だったのですが、ライフ回復が欲しかったので4枚目の燻蒸と入れ替えてみました。また、ティムール相手は全体除去連発が効くのと、『奔流の機械巨人』とセットで使うのかなと思ったのでサイドに『残骸の漂着』を1枚入れました。

なお、メインに『氷河の城砦』が2枚しか入っていないのは、単に2枚しか持っていなかったからで、そのうち買い足して4枚にしようかと思ってます。

『霊気溶融』でエネルギーがそこそこ出るようになったので、サイドに『慮外な押収』を投入。

スポンサードリンク

戦績

1回戦 vs ティムールエネルギー ××

1本目は、基本的には有利なはずのマッチアップですが、全体除去を引けずにハイドラに殴り殺されて終了。

2本目は、相手のクリーチャーを捌ききったものの、1枚目の副陽の接近の返しで『反逆の先導者、チャンドラ』を出され、『排斥』が引けず奥義まで到達。その後、2枚目の『副陽の接近』を『否認』されて負け。勝負を急いで、『副陽の接近』を早く打ってしまいました。

『神聖な協力』や『保護者リヴァーラ』が落ちてライフゲインが減ってしまったので、以前ほど相性が良くない印象です。『霊気溶融』は4枚にするべきでした。


2回戦 vs ティムールエネルギー ○○

1本目は、順当にクリーチャーをさばいて『副陽の接近』2発で終了。

2本目はカウンターを1枚も引かれず、1本目と同様に楽に勝利。逆に言えば、全体除去か『副陽の接近』を1回でも打ち消されていたら辛かったです。

3回戦 vs マルドゥ荒くれ船員 ○○
マルドゥ期待かなと思いましたが、『屑鉄城のたかり屋』や永遠持ちの『地揺すりのケンラ』等の墓地から戻ってくるクリーチャーを『荒くれ船員』で捨てるデッキでした。

1本目は残りライフ4まで削られましたが、そこから『燻蒸』と『副陽の接近』で盛り返して勝利。こちらを妨害する手段がないクリーチャデッキに対しては相変わらずの強さです。

2本目は相手ダブルマリガンでクリーチャーをあまり展開できず。全体除去で盤面を更地にした後、『奔流の機械巨人』と『威厳あるカラカル』でビートダウンして終了。

なお、『荒くれ船員』は1度も5/5にならず。

今日はプロモが『致命的な一押し』ではなくなったので、恐竜デッキやマーフォークデッキもいて、フライデーらしいフライデーでした。

所感

『神聖な協力』がなくなりライフ回復手段に乏しくなってしまったので、黒を足して『致命的な一押し』を投入するのもありかなと思っています。黒があれば、『慮外な押収』で『スカラベの神』を奪ってゾンビを量産することもできます。

『副陽の接近』は連発したいのでやはりメインに4枚入れたいところ。抜けるカードは『選択』くらいしかないですが。< br> スポンサードリンク