青白コントロールでFNMに参加して2−1、晴れる屋の平日大会に参加して3-0でした。


Lands
2 x 荒廃した瀑布
4 x 大草原の川
4 x 灌漑農地
8 x 島
7 x 平地

Creatures


Spells
4 x 検閲
2 x 本質の散乱
4 x 至高の意思
4 x 天才の片鱗
3 x ヒエログリフの輝き
2 x 逆境
4 x 霊気溶融
2 x 鑽火の輝き
2 x 神聖な協力
3 x 燻蒸 
2 x 啓示の刻
3 x 副陽の接近 
 
Sideboard
2 x 否認
2 x 保護者リンヴァーラ
4 x 呪文捕らえ
3 x 領事の権限
3 x ゼンディカーの同盟者、ギデオン
1 x 即時却下


 

通常は「排斥」や「停滞の罠」が入っており、啓示の刻は入っていたとしてもサイドボードです。
私は排斥はちょっと重たいなと感じたので、エンチャント全抜きして啓示の刻を入れて見ました。

以下、カード所感。

荒廃した瀑布・・・基本的に打ち消されないドローソースが、コントロール対決で強い時もあったが、相手のターン終了時であってもフルタップしたスキに奔流の機械巨人を出されることがあるので機械巨人を打ち消したりできないのであれば迂闊に起動してはいけない。
また、荒廃した瀑布は「ウェストヴェイルの修道院」になっているリストもありますが、副陽の接近が打ち消されたりハンデスされたりしてると気は、フィニッシャーが不足している感じもしたので、確かにウェストヴェイルの修道院も欲しいと思うことがありました。

逆境・・・時間稼ぎ能力が高い。また、エルドラージトークンの1マナのおかげで、7ターン目に4マナのアクションが2回取れたりして、結構便利でした。6ターン目に打つと、こちらが7マナに届くのを嫌がって相手がX=1しかない歩行バリスタをエルドラージの落とし子トークンに撃ってくれたりします。

啓示の刻・・・グリクシスコントロールのニコル・ボーラスを吹き飛ばしたり、白黒トークン系のエンチャントたちをまとめて吹き飛ばしたりと、それなりに活躍しました。破壊不能にも対処できる排斥の方がいいような気もしますが、生物とそれ以外もまとめて破壊できるのも、マルドゥ機体やティムールエネルギーに対して、燻蒸打ってもギデオンやチャンドラが残ってし待って巻き返せないみたいなことにならず強いので捨てがたい。

本質の散乱・・・奔流の機械巨人や逆毛ハイドラ、難題の預言者など、場に出してはいけない生物対策で役に立った。
 
呪文捕らえ・・・除去を減らした相手に対する呪文捕らえはとても強い。呪文捕らえを燻蒸に巻き込むタイミングは慎重に決める必要あり。

ゼンディカーの同盟者、ギデオン・・・同型メタに、アモンケットの試練に臨むギデオンにしようかと迷っている。奥義を打てば、相手に何回副陽の接近を打たれても負けない。 


なかなか勝率が良いので、しばらく使ってみようかと思います。