mtgazoneによるツイッター等から拾ったミシックランクのデッキまとめ記事5月4週目分が公開されていました。



以下、記事からスタンダードのデッキを2つ抜粋してみました。
上記記事中にはスタンダード以外にもデッキリストが多く掲載されています。


白単魔技
Lands
14:《平地/Plains》
4:《神託者の広間/Hall of Oracles》
1:《フロスト・ドラゴンの洞窟/Cave of the Frost Dragon》
1:《皇国の地、永岩城/Eiganjo, Seat of the Empire》

Creatures
4:《素拳のモンク/Monk of the Open Hand》
4:《賢い光術師/Clever Lumimancer》
4:《レオニンの光写し/Leonin Lightscribe》
4:《照光の巨匠/Illuminator Virtuoso》
4:《クラリオンのスピリット/Clarion Spirit》

Spells
4:《道照らし/Light the Way》
1:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
4:《セジーリの防護/Sejiri Shelter》
4:《導きの声/Guiding Voice》
4:《農家の勇気/Homestead Courage》



Sideboard
3:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
2:《運命的不在/Fateful Absence》
2:《謹慎補講/Academic Probation》
1:《環境科学/Environmental Sciences》
1:《予言学入門/Introduction to Prophecy》
1:《拡張解剖学/Expanded Anatomy》
1:《墨獣召喚学/Inkling Summoning》
1:《記憶留出法/Reduce to Memory》

『ニューカペナの街角』で登場した《照光の巨匠》はテンポデッキを強化する、相手にとっては対処必須のカードになるとのことです。
照光の巨匠



ジャンド・リアニメート
Lands
1:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
4:《荒廃踏みの小道/Blightstep Pathway》
2:《岩山被りの小道/Cragcrown Pathway》
3:《闇孔の小道/Darkbore Pathway》
1:《バグベアの居住地/Den of the Bugbear》
1:《目玉の暴君の住処/Hive of the Eye Tyrant》
2:《死天狗茸の林間地/Deathcap Glade》
2:《憑依された峰/Haunted Ridge》
3:《落石の谷間/Rockfall Vale》
1:《耐え抜くもの、母聖樹/Boseiju, Who Endures》
1:《見捨てられたぬかるみ、竹沼/Takenuma, Abandoned Mire》

Creatures
4:《税血の収穫者/Bloodtithe Harvester》
3:《ラトスタイン翁/Old Rutstein》
4:《産業のタイタン/Titan of Industry》
2:《薄暮の刻み獣/Dusk Mangler》

Spells
1:《不憫な悲哀の行進/March of Wretched Sorrow》
2:《パワー・ワード・キル/Power Word Kill》
4:《土建組一家の魔除け/Riveteers Charm》
2:《ハグラの噛み殺し/Hagra Mauling》
2:《罠を探す/Check for Traps》
4:《戦墓の再誕/Diregraf Rebirth》
3:《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》
4:《鏡割りの寓話/Fable of the Mirror-Breaker》



Sideboard
2:《真夜中の空、殉至/Junji, the Midnight Sky》
3:《レイ・オヴ・エンフィーブルメント/Ray of Enfeeblement》
2:《削剥/Abrade》
1:《罠を探す/Check for Traps》
3:《真っ白/Go Blank》
3:《黒焦げ/Char》
1:《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》

《産業のタイタン》をリアニメートしたい人向けのデッキ。スタンダードメタゲームチャレンジで7-0とのこと。

スポンサードリンク