TCG PlayerのSeth Manfieldの記事から、スタンダードのグリクシス・吸血鬼を抜き出してみました。


ニューカペナ・チャンピオンシップでのベストデッキというタイトルの記事ですが、実際には多くのデッキが取り上げられており、まだこの環境は解明されていないというサブタイトルもついています。



以下、記事からのグリクシス・吸血鬼の抜粋と要約です。

グリクシス・吸血鬼
Lands
4:《荒廃踏みの小道/Blightstep Pathway》
3:《清水の小道/Clearwater Pathway》
2:《憑依された峰/Haunted Ridge》
2:《目玉の暴君の住処/Hive of the Eye Tyrant》
1:《山/Mountain》
4:《河川滑りの小道/Riverglide Pathway》
1:《難破船の湿地/Shipwreck Marsh》
3:《嵐削りの海岸/Stormcarved Coast》
1:《沼/Swamp》
1:《見捨てられたぬかるみ、竹沼/Takenuma, Abandoned Mire》
4:《ザンダーの居室/Xander's Lounge》

Creatures
2:《血に飢えた敵対者/Bloodthirsty Adversary》
4:《税血の収穫者/Bloodtithe Harvester》
4:《死体鑑定士/Corpse Appraiser》
2:《欲深き者、エヴリン/Evelyn, the Covetous》
2:《しつこい負け犬/Tenacious Underdog》

Spells
3:《漆月魁渡/Kaito Shizuki》
1:《不笑のソリン/Sorin the Mirthless》
1:《強迫/Duress》
1:《魂転移/Soul Transfer》
2:《冥府の掌握/Infernal Grasp》
1:《レイ・オヴ・エンフィーブルメント/Ray of Enfeeblement》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
4:《電圧のうねり/Voltage Surge》
4:《鏡割りの寓話/Fable of the Mirror-Breaker》
2:《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》



Sideboard
1:《削剥/Abrade》
3:《無効/Annul》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《強迫/Duress》
1:《欲深き者、エヴリン/Evelyn, the Covetous》
1:《真っ白/Go Blank》
1:《マインド・フレイヤー/Mind Flayer》
1:《否認/Negate》
3:《レイ・オヴ・エンフィーブルメント/Ray of Enfeeblement》
1:《魂転移/Soul Transfer》
1:《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》


Mike Sigrist率いるチームが考えた新しいデッキ。

《欲深き者、エヴリン》がデッキを1つにまとめ、《キキジキの鏡像》は吸血鬼をコピーして場に出たときの効果を繰り返し誘発させてゲームを終わらせます
欲深き者、エヴリン
キキジキの鏡像

スポンサードリンク