mtgazoneで先週の大会で優秀な成績を収めたスタンダードのデッキを紹介する記事が公開されていました。



エスパー・ミッドレンジ
Lands
1:《島/Island》
1:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
3:《陽光昇りの小道/Brightclimb Pathway》
3:《清水の小道/Clearwater Pathway》
4:《連門の小道/Hengegate Pathway》
2:《目玉の暴君の住処/Hive of the Eye Tyrant》
2:《砕かれた聖域/Shattered Sanctum》
2:《難破船の湿地/Shipwreck Marsh》
1:《さびれた浜/Deserted Beach》
4:《ラフィーンの塔/Raffine’s Tower》
1:《見捨てられたぬかるみ、竹沼/Takenuma, Abandoned Mire》
1:《皇国の地、永岩城/Eiganjo, Seat of the Empire》

Creatures
4:《光輝王の野心家/Luminarch Aspirant》
4:《しつこい負け犬/Tenacious Underdog》
4:《策謀の予見者、ラフィーン/Raffine, Scheming Seer》
1:《軍団の天使/Legion Angel》
1:《常夜会一家の介入者/Obscura Interceptor》

Spells
4:《漆月魁渡/Kaito Shizuki》
3:《放浪皇/The Wandering Emperor》
1:《蜘蛛の女王、ロルス/Lolth, Spider Queen》
3:《消失の詩句/Vanishing Verse》
1:《冥府の掌握/Infernal Grasp》
1:《虚空裂き/Void Rend》
1:《諾々/Call》
2:《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》
4:《婚礼の発表/Wedding Announcement》


Sideboard
2:《エメリアのアルコン/Archon of Emeria》
2:《軍団の天使/Legion Angel》
4:《レイ・オヴ・エンフィーブルメント/Ray of Enfeeblement》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《強迫/Duress》
2:《真っ白/Go Blank》
1:《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》

最強のカードたちを1つのデッキにぶち込みましたといったデッキで、現時点では最強のデッキとのこと。

ナヤ・ルーン
Lands
1:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
4:《針縁の小道/Needleverge Pathway》
4:《岩山被りの小道/Cragcrown Pathway》
4:《枝重なる小道/Branchloft Pathway》
1:《ハイドラの巣/Lair of the Hydra》
2:《日没の道/Sundown Pass》
1:《草茂る農地/Overgrown Farmland》
1:《耐え抜くもの、母聖樹/Boseiju, Who Endures》

Creatures
4:《気前のいい訪問者/Generous Visitor》
4:《無常の神/Kami of Transience》
4:《樹海の自然主義者/Jukai Naturalist》
4:《ルーン鍛えの勇者/Runeforge Champion》

Spells
4:《監禁の円環/Circle of Confinement》
2:《速度のルーン/Rune of Speed》
4:《強力のルーン/Rune of Might》
3:《持続のルーン/Rune of Sustenance》
4:《鏡割りの寓話/Fable of the Mirror-Breaker》
4:《スカルドの決戦/Showdown of the Skalds》



Sideboard
1:《華やいだエルズペス/Elspeth Resplendent》
4:《スカイクレイブの亡霊/Skyclave Apparition》
1:《傑士の神、レーデイン/Reidane, God of the Worthy》
2:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
2:《絞殺/Strangle》
1:《持続のルーン/Rune of Sustenance》
2:《レンジャー・クラス/Ranger Class》


ジャンド・ミッドレンジ
Lands
1:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
2:《荒廃踏みの小道/Blightstep Pathway》
3:《岩山被りの小道/Cragcrown Pathway》
4:《闇孔の小道/Darkbore Pathway》
2:《目玉の暴君の住処/Hive of the Eye Tyrant》
2:《死天狗茸の林間地/Deathcap Glade》
2:《憑依された峰/Haunted Ridge》
4:《落石の谷間/Rockfall Vale》

Creatures
3:《しつこい負け犬/Tenacious Underdog》
4:《税血の収穫者/Bloodtithe Harvester》
2:《領界喰らい、サルーフ/Sarulf, Realm Eater》
1:《産業のタイタン/Titan of Industry》

Spells
2:《敵対するもの、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis, the Adversary》
2:《蜘蛛の女王、ロルス/Lolth, Spider Queen》
1:《レンと七番/Wrenn and Seven》
1:《レイ・オヴ・エンフィーブルメント/Ray of Enfeeblement》
2:《冥府の掌握/Infernal Grasp》
4:《土建組一家の魔除け/Riveteers Charm》
1:《ハグラの噛み殺し/Hagra Mauling》
1:《豪火を放て/Unleash the Inferno》
1:《血流/Blood》《渇き/Thirst》
4:《エシカの戦車/Esika’s Chariot》
2:《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》
4:《鏡割りの寓話/Fable of the Mirror-Breaker》


Sideboard
1:《敵対するもの、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis, the Adversary》
2:《作業場の戦長/Workshop Warchief》
1:《産業のタイタン/Titan of Industry》
3:《レイ・オヴ・エンフィーブルメント/Ray of Enfeeblement》
2:《豪火を放て/Unleash the Inferno》
4:《強迫/Duress》
1:《真っ白/Go Blank》
1:《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》

強いカード詰め合わせという点ではエスパー・ミッドレンジと変わらないけれど、除去を増やしたり、クリーチャーサイズが大きかったりという違いがあるとのことです。

スポンサードリンク