mtgazoneでスタンダードのエスパー・天使のデッキガイドが掲載されていました。


白黒に青を足して打消し呪文を入れることで、昔グルールが青を足してティムールになり強かった時代のように、白黒天使も青を足すことで強化されたとのことです。

上記リンク先にサイドボードガイドも記載されています。

エスパー・天使
Lands
2:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
4:《陽光昇りの小道/Brightclimb Pathway》
1:《清水の小道/Clearwater Pathway》
4:《連門の小道/Hengegate Pathway》
4:《さびれた浜/Deserted Beach》
4:《砕かれた聖域/Shattered Sanctum》
1:《皇国の地、永岩城/Eiganjo, Seat of the Empire》

Creatures
4:《若年の戦乙女/Youthful Valkyrie》
4:《希望の源、ジアーダ/Giada, Font of Hope》
4:《正義の戦乙女/Righteous Valkyrie》
4:《鼓舞する監視者/Inspiring Overseer》
3:《海門の擁護者、リンヴァーラ/Linvala, Shield of Sea Gate》
1:《軍団の天使/Legion Angel》
2:《忘れられた大天使、リーサ/Liesa, Forgotten Archangel》

Spells

1:《華やいだエルズペス/Elspeth Resplendent》
2:《否認/Negate》
4:《消失の詩句/Vanishing Verse》
2:《虚空裂き/Void Rend》
4:《エメリアの呼び声/Emeria's Call》
4:《ファーヤの報復/Firja's Retribution》


Sideboard
2:《ガーディアン・オヴ・フェイス/Guardian of Faith》
3:《軍団の天使/Legion Angel》
2:《とんずら/Slip Out the Back》
2:《否認/Negate》
1:《虚空裂き/Void Rend》
3:《真っ白/Go Blank》
2:《激しい恐怖/Crippling Fear》


《放浪皇》は強いので4枚採用していたが、メタゲーム的に《策謀の予見者、ラフィーン》に対して強くないため不採用。

《レイ・オヴ・エンフィーブルメント》は《策謀の予見者、ラフィーン》を2マナで除去できて、白単相手にも使えるが他によいターゲットがいないため《虚空裂き》のほうがよい。


スポンサードリンク