新セット恒例の、マローによるネオ神河テザーが公開されました。
2つの異なるクリーチャータイプが部族的につながった。

対象のクリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を破壊すると書かれた2マナで唱えることのできる黒のインスタント

神河物語ブロックの人気のある伝説のクリーチャーが新しい形で収録

MTGに最初から存在する、とある2つのものを気にする名前のないメカニック

長年作り途中だった5枚サイクルの完成

タミヨウの子供のうち1人が伝説のクリーチャーとして登場
いままでカード化に書かれたことはなかった能力を持ったトークン


神河ブロックから2つの人気サイクルが、一捻り加えて再登場

伝説のカエルトークンを生成するクリーチャー

新しい2人のヤマザキ


以下、カードに書かれているテキスト

あなたはこのターン、あなたの墓地から対象のエンチャント1つを唱えても良い

Xはこのターンにこの能力が解決された回数に等しい

あなたがアーティファクト、インスタント、ソーサリーを唱えるたび、それらをコピーする。

毎ターンあなたが最初に起動するアーティファクトの起動型能力は、コストが2少なくなる


その後、これをエンチャント1つとプレインズウォーカー 1体に対して繰り返す

あなたは選ばれたカードと共通のカードタイプを持つパーマネントを1つ生贄に捧げてもよい

あなたはアンタップ状態のあなたがコントロールするクリーチャーを任意の枚数タップして良い

あなたがコントロールするパーマネントには伝説ルールは適用されない

その能力はもう1回追加で起動される

もしそれがこのターンに10点以上のダメージをそのプレイヤーに与えていたならば、そのプレイヤーはゲームに敗北する


クリーチャータイプ
FullSizeRender

人々の注目は上から2番目のタートル 忍者。
IMG_1080



スポンサードリンク