mtggoldfishの自作の変わったデッキを紹介するコーナーから、《霊狩り、ケイヤ》を使ったコンボデッキの紹介です。


以下、記事からの抜粋と要約です。

Lands
3:《荒廃踏みの小道/Blightstep Pathway》
3:《清水の小道/Clearwater Pathway》
1:《島/Island》
4:《河川滑りの小道/Riverglide Pathway》
4:《嵐削りの海岸/Stormcarved Coast》


Creatures
3:《語りの神、ビルギ/Birgi, God of Storytelling》
1:《ゾーン/Xorn》
3:《嵐窯の芸術家/Storm-Kiln Artist》
4:《黄金架のドラゴン/Goldspan Dragon》
1:《溺神の信奉者、リーア/Lier, Disciple of the Drowned》

Spells
4:《霊狩り、ケイヤ/Kaya, Geist Hunter》
3:《命取りの論争/Deadly Dispute》
3:《感電の反復/Galvanic Iteration》
4:《髑髏砕きの一撃/Shatterskull Smashing》
4:《プリズマリの命令/Prismari Command》
4:《戦利品奪取/Seize the Spoils》
4:《ヴァラクートの覚醒/Valakut Awakening》
1:《願い/Wish》
4:《予想外の授かり物/Unexpected Windfall》
1:《家の焼き払い/Burn Down the House》
1:《海門修復/Sea Gate Restoration》


Sideboard
3:《消えゆく希望/Fading Hope》
1:《弾ける力/Crackle with Power》
2:《冥府の掌握/Infernal Grasp》
3:《心悪しき隠遁者/Malevolent Hermit》
1:《苛まれし預言者、エルス/Eruth, Tormented Prophet》
1:《カズールの憤怒/Kazuul's Fury》
3:《家の焼き払い/Burn Down the House》
1:《溺神の信奉者、リーア/Lier, Disciple of the Drowned》

《霊狩り、ケイヤ》の-2能力を起動し、宝物トークンが2倍生成されるようにします。
霊狩り、ケイヤ

《予想外の授かり物》のような宝物トークンが出るドロースペルを、宝物トークンから出るマナを使って唱え続けます。《予想外の授かり物》の場合、4マナで宝物トークンがケイヤの効果により4つ生成されるため無料で唱えることができます。
予想外の授かり物

中には3マナで宝物トークンが1個しか生成されないスペルもありますが、《嵐窯の芸術家》や《ゾーン》を出すことで追加で宝物トークンを2個生成できます。
嵐窯の芸術家

また、《黄金架のドラゴン》がいれば、宝物トークンから2マナ出るため、《嵐窯の芸術家》や《ゾーン》とも合わせて余剰の宝物トークンをため込んでいきます
黄金架のドラゴン

デッキのカードを引ききって大量の宝物トークンを生成したら、《願い》でサイドボードから《弾ける力》などのX点火力を持ってきてトドメをさします。
弾ける力


結果は3勝2敗で、トークン出しすぎてArenaがクラッシュした試合もあったとのことです。
アグロデッキは苦手だけども、長いことスタンダードになかったタイプのデッキで楽しいので、ワイルドカードが余っているならおススメするとのことです。

スポンサードリンク