mtgazoneから、Twitterで拾ったスタンダードおよびヒストリックの上位デッキまとめページ(11月3週目分)が公開されました。


以下、記事からスタンダードのデッキの抜粋です。
元記事中には各デッキの勝率や、ヒストリックのデッキも掲載されています。

アゾリウス・スピリット(ミシック1位)
Lands
7:《島/Island》
7:《平地/Plains》
4:《連門の小道/Hengegate Pathway》
3:《フロスト・ドラゴンの洞窟/Cave of the Frost Dragon》
4:《さびれた浜/Deserted Beach》


Creatures
4:《堕ちたる者の案内者/Usher of the Fallen》
4:《光輝王の野心家/Luminarch Aspirant》
3:《剛胆な敵対者/Intrepid Adversary》
4:《幽体の敵対者/Spectral Adversary》
4:《精鋭呪文縛り/Elite Spellbinder》
4:《歓迎する吸血鬼/Welcoming Vampire》
2:《墓所の守護者/Cemetery Protector》

Spells
2:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
1:《カビーラの叩き伏せ/Kabira Takedown》
1:《ジュワー島の撹乱/Jwari Disruption》
2:《霊灯の罠/Geistlight Snare》
1:《監禁の円環/Circle of Confinement》
3:《婚礼の発表/Wedding Announcement》



Sideboard
4:《心悪しき隠遁者/Malevolent Hermit》
1:《束の間の霊魂/Fleeting Spirit》
2:《粗暴な聖戦士/Brutal Cathar》
3:《スカイクレイブの亡霊/Skyclave Apparition》
1:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
2:《ポータブル・ホール/Portable Hole》
2:《監禁の円環/Circle of Confinement》

白単アグロが現在の環境で最強デッキの1つなのは知られていますが、このデッキでは多くのカードを白単アグロと共有しつつもサリアは採用せずに打消し呪文を採用しています。

マナカーブは白単アグロや高めで《幽体の敵対者》や《歓迎する吸血鬼》でより多くのダメージを与えます。
歓迎する吸血鬼

白系のアグロデッキでサリアを採用していないのは奇妙に見えますが、事実としてこのデッキは結果を出しています。

マルドゥ・サクリファイス(ミシック13位)
Lands
2:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
4:《陽光昇りの小道/Brightclimb Pathway》
4:《針縁の小道/Needleverge Pathway》
4:《荒廃踏みの小道/Blightstep Pathway》
2:《目玉の暴君の住処/Hive of the Eye Tyrant》
4:《憑依された峰/Haunted Ridge》
4:《砕かれた聖域/Shattered Sanctum》


Creatures
4:《霊狩り、ケイヤ/Kaya, Geist Hunter》
4:《ひきつり目/Eyetwitch》
4:《火刃の突撃者/Fireblade Charger》
4:《よろめく怪異/Shambling Ghast》
2:《ネファリアのグール呼び、ジャダー/Jadar, Ghoulcaller of Nephalia》
2:《不吉なとげ刺し/Fell Stinger》
4:《オリークの首領、エクスタス/Extus, Oriq Overlord》
1:《面汚しの乙女、エインジー/Anje, Maid of Dishonor》

Spells
4:《命取りの論争/Deadly Dispute》
2:《検体探し/Hunt for Specimens》
2:《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》
2:《ファーヤの報復/Firja's Retribution》



Sideboard
なし


《霊狩り、ケイヤ 》はあまり見かけないカードですが4枚採用されています。このデッキはトークンを多く生成するためケイヤとシナジーがあります。
霊狩り、ケイヤ

黒単コントロール(ミシック18位)
Lands
15:《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》
2:《廃墟の地/Field of Ruin》
2:《目玉の暴君の住処/Hive of the Eye Tyrant》
4:《不詳の安息地/Faceless Haven》


Creatures
4:《ひきつり目/Eyetwitch》
4:《よろめく怪異/Shambling Ghast》
2:《嘘の神、ヴァルキー/Valki, God of Lies》
3:《スカルポートの商人/Skullport Merchant》
3:《セッジムーアの魔女/Sedgemoor Witch》

Spells
4:《蜘蛛の女王、ロルス/Lolth, Spider Queen》
2:《オニキス教授/Professor Onyx》
3:《命取りの論争/Deadly Dispute》
2:《冥府の掌握/Infernal Grasp》
1:《魂の粉砕/Soul Shatter》
1:《ハグラの噛み殺し/Hagra Mauling》
2:《検体探し/Hunt for Specimens》
4:《雪上の血痕/Blood on the Snow》
2:《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》



Sideboard
2:《夜鷲のあさり屋/Nighthawk Scavenger》
1:《落第/Flunk》
1:《冥府の掌握/Infernal Grasp》
3:《強迫/Duress》
2:《環境科学/Environmental Sciences》
1:《封印突破法/Containment Breach》
1:《壊死放出法/Necrotic Fumes》
1:《害獣召喚学/Pest Summoning》
1:《激しい恐怖/Crippling Fear》
1:《マスコット展示会/Mascot Exhibition》
1:《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》

白単コントールや緑単コントールの隆盛とともに、除去を多く盛り込んだ黒単や白黒のコントロールも台頭してきました。

緑単アグロ(ミシック28位)
Lands
19:《冠雪の森/Snow-Covered Forest》
2:《ハイドラの巣/Lair of the Hydra》
3:《不詳の安息地/Faceless Haven》


Creatures
4:《ヤスペラの歩哨/Jaspera Sentinel》
4:《隆盛な群れ率い/Ascendant Packleader》
4:《群れ率いの人狼/Werewolf Pack Leader》
4:《カザンドゥのマンモス/Kazandu Mammoth》
4:《老樹林のトロール/Old-Growth Troll》

Spells
1:《豊穣の碑文/Inscription of Abundance》
4:《吹雪の乱闘/Blizzard Brawl》
4:《エシカの戦車/Esika's Chariot》
4:《レンジャー・クラス/Ranger Class》
3:《不自然な成長/Unnatural Growth》



Sideboard
2:《レンと七番/Wrenn and Seven》
2:《タジュールの荒廃刃/Tajuru Blightblade》
2:《辺境地の罠外し/Outland Liberator》
3:《蛇皮のヴェール/Snakeskin Veil》
3:《垂直落下/Plummet》
1:《豊穣の碑文/Inscription of Abundance》
2:《貪る触手/Devouring Tendrils》


スポンサードリンク