mtgazoneがまとめてくれていたアリーナオープン成績優秀デッキから、7勝1敗だったアゾリウス・コントロールの紹介です。




アゾリウス・コントロール
Lands
5:《島/Island》
3:《平地/Plains》
4:《廃墟の地/Field of Ruin》
4:《連門の小道/Hengegate Pathway》
2:《フロスト・ドラゴンの洞窟/Cave of the Frost Dragon》
4:《さびれた浜/Deserted Beach》

Creatures
2:《心悪しき隠遁者/Malevolent Hermit》
1:《スカイクレイブの亡霊/Skyclave Apparition》

Spells
4:《日没を遅らせる者、テフェリー/Teferi, Who Slows the Sunset》
3:《ジュワー島の撹乱/Jwari Disruption》
4:《運命的不在/Fateful Absence》
4:《襲来の予測/Saw It Coming》
3:《多元宇宙の警告/Behold the Multiverse》
3:《記憶の氾濫/Memory Deluge》
4:《ドゥームスカール/Doomskar》
3:《エメリアの呼び声/Emeria's Call》
4:《アールンドの天啓/Alrund's Epiphany》
3:《ストリクスヘイヴンの競技場/Strixhaven Stadium》


Sideboard
1:《心悪しき隠遁者/Malevolent Hermit》
2:《スカイクレイブの亡霊/Skyclave Apparition》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
3:《才能の試験/Test of Talents》
4:《黄昏の享楽/Sunset Revelry》
3:《壊滅の熟達/Devastating Mastery》
1:《エメリアの呼び声/Emeria's Call》


試合が長引くと《レンと七番》とかでアドバンテージ取られまくって負けるので、コントロールデッキもどこかのタイミングで一気に勝負を決めにいかないとダメなのが今のメタゲーム、ということで《ストリクスヘイヴンの闘技場》を出して《アールンドの天啓》で追加ターンを得つつトークンで殴ってゲームを終わらせます。
ストリクスヘイヴンの競技場


YouTubeに解説動画がありました。
[Standard] Azorius Teferi Deck Tech!



スポンサードリンク