TCGPlayerで、毎回新デッキを最初に50個考える使命を自らに課しているYoman5さんが、その中から5つをピックアップして紹介していました。



以下、元記事から5個中2つを抜粋です。

Jund Reanimator
Lands
3:《荒廃踏みの小道/Blightstep Pathway》
2:《岩山被りの小道/Cragcrown Pathway》
2:《闇孔の小道/Darkbore Pathway》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
1:《高地の森/Highland Forest》
5:《冠雪の森/Snow-Covered Forest》
4:《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》
3:《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》
1:《森林の地割れ/Woodland Chasm》

Creatures
2:《燃えルーンの悪魔/Burning-Rune Demon》
1:《年経た枝指/Old Stickfingers》
2:《世界を彫る者、ファイラス/Phylath, World Sculptor》
4:《トヴォラーの猟匠/Tovolar's Huntmaster》

Spells
4:《レンと七番/Wrenn and Seven》
2:《雪上の血痕/Blood on the Snow》
4:《凶兆の血の暴行/Dire-Strain Rampage》
3:《戦墓の再誕/Diregraf Rebirth》
1:《殺戮者の目覚め/Wake to Slaughter》
4:《安堵の火葬/Cathartic Pyre》
3:《パワー・ワード・キル/Power Word Kill》
3:《エシカの戦車/Esika's Chariot》
2:《古き神々への拘束/Binding the Old Gods》


Sideboard
なし

《安堵の火葬》や《年経た枝指》で墓地にクリーチャーカードを落し、《戦墓の再誕》や《雪上の血痕》で釣り上げるデッキ。
安堵の火葬年経た枝指

戦墓の再誕
《トヴォラーの猟匠》は墓地から釣り上げたいサイズであると同時に、普通に手札からプレイすることもできるマナコスト。
トヴォラーの猟匠

Bant Compost
Lands
4:《樹皮路の小道/Barkchannel Pathway》
4:《枝重なる小道/Branchloft Pathway》
4:《さびれた浜/Deserted Beach》
2:《森/Forest》
1:《氷河の氾濫原/Glacial Floodplain》
4:《連門の小道/Hengegate Pathway》
4:《ハイドラの巣/Lair of the Hydra》
1:《平地/Plains》

Creatures
4:《クラリオンのスピリット/Clarion Spirit》
4:《シボウタケの若芽/Deathbonnet Sprout》
4:《意気盛んな墓守り/Devoted Grafkeeper》
4:《ヤスペラの歩哨/Jaspera Sentinel》
4:《月皇の古参兵/Lunarch Veteran》
4:《根のとぐろの忍び寄るもの/Rootcoil Creeper》
4:《柳の霊/Willow Geist》

Spells
2:《踊りへの参加/Join the Dance》
4:《調和の儀式/Rite of Harmony》
2:《希望の儀式/Ritual of Hope》


Sideboard
なし

降霊やフラッシュバックを詰め込んだ墓地肥やしアグロ。
シボウタケの若芽柳の霊
意気盛んな墓守り

スポンサードリンク