CoolStuffInc.comのデッキ紹介の連載記事から、プラチナ/ミシック帯で見つけた多相をテーマにしたデッキの紹介です。


Sanctum of Superfriends
Lands
1:《島/Island》
1:《山/Mountain》
3:《森/Forest》
3:《平地/Plains》
3:《沼/Swamp》
1:《アーデンベイル城/Castle Ardenvale》
1:《ロークスワイン城/Castle Locthwain》
1:《高地の森/Highland Forest》
3:《インダサのトライオーム/Indatha Triome》
4:《寓話の小道/Fabled Passage》
4:《世界樹/The World Tree》

Creatures
1:《終わりなき踊りのガリア/Gallia of the Endless Dance》
1:《霊鍛冶のホフリ/Hofri Ghostforge》
1:《巨大猿、コグラ/Kogla, the Titan Ape》
1:《厚顔の無法者、マグダ/Magda, Brazen Outlaw》
1:《離れられない二匹、リンとセリ/Rin and Seri, Inseparable》
2:《群れの笛吹き男/Piper of the Swarm》
2:《王国まといの巨人/Realm-Cloaked Giant》
2:《領界渡り/Realmwalker》
2:《正義の戦乙女/Righteous Valkyrie》
3:《豆の木の巨人/Beanstalk Giant》
4:《血統詐称者/Bloodline Pretender》
Spells
1:《タイヴァー・ケル/Tyvar Kell》
2:《自我の吸収/Absorb Identity》
3:《ネスロイの神話/Mythos of Nethroi》
1:《憑依の航海/Haunting Voyage》
4:《古き神々への拘束/Binding the Old Gods》
1:《エシカの戦車/Esika's Chariot》
3:《仮面林の結節点/Maskwood Nexus》
Sideboard
1:《揺れ招き/Quakebringer》
1:《鎮まらぬ大地、ヤシャーン/Yasharn, Implacable Earth》
2:《解呪/Disenchant》
4:《無情な行動/Heartless Act》
3:《血の長の渇き/Bloodchief's Thirst》
4:《耳の痛い静寂/Deafening Silence》

このデッキは、様々な部族ロード(特定の部族のパワーとタフネスを増やす能力を持っているクリーチャー)が採用されています。このデッキでは多相をクリーチャーに持たせることより、それらの恩恵をすべてうけに行きます。
仮面林の結節点

また、ロード以外にも特定のクリーチャータイプに対してのみ有効な能力を持ったクリーチャー達も採用しています。
正義の戦乙女群れの笛吹き男

《憑依の航海》は、《仮面林の結節点》が場に出ていれば墓地から全クリーチャーカードを場に戻してゲームを終わらせることができます。
憑依の航海

スポンサードリンク