『ストリクスヘイヴン』スタンダード環境の《憤激解放》を使ったデッキです。

mtgazoneで、トップメタのデッキではないけれど大会でトップ8に入っていたりと好成績を残していたスタンダードとヒストリックのデッキを紹介した記事が紹介されており、そこからです。


マルドゥ・フューリー
Lands
4:《荒廃踏みの小道/Blightstep Pathway》
4:《陽光昇りの小道/Brightclimb Pathway》
2:《山/Mountain》
4:《針縁の小道/Needleverge Pathway》
4:《サヴァイのトライオーム/Savai Triome》
2:《沼/Swamp》

Creatures
2:《ドラニスの判事/Drannith Magistrate》
3:《スカイクレイブの影/Skyclave Shade》
4:《砕骨の巨人/Bonecrusher Giant》
2:《精鋭呪文縛り/Elite Spellbinder》
4:《悲哀の徘徊者/Woe Strider》
3:《黄金架のドラゴン/Goldspan Dragon》

Spells
3:《カズールの憤怒/Kazuul's Fury》
2:《セジーリの防護/Sejiri Shelter》
4:《初子さらい/Claim the Firstborn》
4:《村の儀式/Village Rites》
3:《憤激解放/Unleash Fury》
3:《スカルドの決戦/Showdown of the Skalds》
3:《アクロス戦争/The Akroan War》
Sideboard
2:《炎巻物の祝賀者/Flamescroll Celebrant》
1:《燃えがら地獄/Cinderclasm》
1:《ドラニスの判事/Drannith Magistrate》
2:《無情な行動/Heartless Act》
2:《死の飢えのタイタン、クロクサ/Kroxa, Titan of Death's Hunger》
2:《傷頭のアーニ/Arni Brokenbrow》
2:《エルズペスの悪夢/Elspeth's Nightmare》
2:《悪意に満ちた者、ケアヴェク/Kaervek, the Spiteful》
1:《アクロス戦争/The Akroan War》

以下、記事からの抜粋と要約です。

このデッキは大会で3勝1敗でトップ8に入ったデッキで、ナヤ・フューリーとマルドゥ・サクリファイスを合わせたようなデッキです。

《黄金架のドラゴン》に《憤激解放》を1枚以上使ってアタックし、《カズールの憤怒》を使って止めをさします。
黄金架のドラゴン憤激解放カズールの憤怒

このデッキはナヤ・フュリーから出来事やランプ要素を取り払い、代わりにサクリファイスパッケージを導入しています。
アグロデッキ相手には《初子さらい》とサクリファイス系のカードで盤面をコントロールし、サイドボード後は重たいデッキ相手にはサクリファイスプランはやめてコンボ特化にデッキを組み替えます。



スポンサードリンク