『ストリクスヘイヴン』スタンダード環境の黒単トークンデッキです。
mtggoldfishの自作の低予算デッキ紹介コーナーからです。単価が低いレアカードを使う系なので、Arenaで組むとレアのワイルドカードを消費してしまいます。


黒単トークン
Lands
3:《ロークスワイン城/Castle Locthwain》
21:《沼/Swamp》

Creatures
4:《ひきつり目/Eyetwitch》
4:《スカイクレイブの影/Skyclave Shade》
4:《セッジムーアの魔女/Sedgemoor Witch》

Spells
2:《血の長の渇き/Bloodchief's Thirst》
4:《村の儀式/Village Rites》
2:《無情な行動/Heartless Act》
4:《検体探し/Hunt for Specimens》
4:《禁忌の調査/Plumb the Forbidden》
4:《想起の拠点/Bastion of Remembrance》
4:《劇的な終焉/Dramatic Finale》
Sideboard
4:《苦悶の悔恨/Agonizing Remorse》
2:《無情な行動/Heartless Act》
3:《壊死放出法/Necrotic Fumes》
4:《害獣召喚学/Pest Summoning》
2:《息詰まる噴煙/Suffocating Fumes》


以下、元記事からの抜粋と要約です。

このデッキはトークンデッキですが、サクリファイス/アリストクラッツの要素と、講義/履修の要素も持ち合わせています。

また、《想起の拠点》以外はストリクスヘイヴンのカードがほとんどであるため、スタンダードがローテーションしてもデッキへの影響が小さいです。
想起の拠点

このデッキは相手からライフをドレインしつつ、トークンを大量に並べて《劇的な終焉》で強化してゲームを終わらせます。《劇的な終焉》は例えば2枚場に出せば、トークンでないクリーチャーが死亡するたびに、4/3飛行のトークンが2体でてきて、すぐにゲームを終わらせてくれます。
劇的な終焉

《セッジムーアの魔女》は《砕骨の巨人》の出来事で焼かれてしまいますが数ターン生き残ればそれだけでゲームを終わらせることができます。
セッジムーアの魔女


デッキを回してみた結果は、4勝1敗で、負けたのはスゥルタイ根本原理で、相性はよくないけど勝てなくもないとのことです。カードをたくさん引けるので負けたゲームも楽しいよとのこと。

スポンサードリンク