『ヒストリック』環境の全知デッキに《巨獣の巣》を入れたデッキです。

巨獣の巣全知

出典:Ali Plays Titans' Omniscience by Ali Aintrazi


Lands
1:《森/Forest》
2:《沼/Swamp》
3:《島/Island》
1:《廃墟の地/Field of Ruin》
2:《繁殖池/Breeding Pool》
2:《異臭の池/Fetid Pools》
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
2:《森林の墓地/Woodland Cemetery》
3:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
3:《湿った墓/Watery Grave》
4:《ゼイゴスのトライオーム/Zagoth Triome》

Creatures
4:《ぬかるみのトリトン/Mire Triton》
4:《縫い師への供給者/Stitcher's Supplier》
4:《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath》

Spells
4:《伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales》
1:《暗殺者の戦利品/Assassin's Trophy》
3:《意味の渇望/Thirst for Meaning》
3:《不気味な教示者/Grim Tutor》
4:《首謀者の収得/Mastermind's Acquisition》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《全知/Omniscience》
3:《巨獣の巣/Titans' Nest》

Sideboard
1:《全知/Omniscience》
1:《星霜の学者/Scholar of the Ages》
1:《千年嵐/Thousand-Year Storm》
1:《逃れ得ぬ猛火/Inescapable Blaze》
1:《暗殺者の戦利品/Assassin's Trophy》
1:《絶滅の契機/Extinction Event》
2:《衰滅/Languish》
2:《否認/Negate》
2:《神秘の論争/Mystical Dispute》
1:《古呪/The Elderspell》
1:《巨獣の巣/Titans' Nest》
1:《夢を引き裂く者、アショク/Ashiok, Dream Render》


以下、記事からの抜粋と要約です。

このデッキは《全知》と《千年嵐》を組み合わせたデッキに、《巨獣の巣》を加えたリストです。
《巨獣の巣》をなるべく早く場にだし、それにより《全知》を早く場に出します。
千年嵐巨獣の巣

《全知》を場に出してからの流れは以下のとおりです。

・《全知》を場に出す。
全知

・《首謀者の収得》で《首謀者の収得》を持ってくる。
(墓地に《首謀者の収得》を2枚落としておきたいため)
首謀者の収得


・持ってきた《首謀者の収得》でサイドボードから《星霜の学者/Scholar of the Ages》を持ってきて、墓地にある2枚の《首謀者の収得》を回収する。
seisou

・1枚目の《首謀者の収得》でサイドボードから《千年嵐》を持ってきて場にだす。

・もう1枚の《首謀者の収得》は《逃れ得ぬ猛火/Inescapable Blaze》を持ってくる。
逃れ得ぬ猛火


・相手のライフを削りきるのに十分な枚数のインスタントかソーサリーを唱えたら、《逃れ得ぬ猛火/Inescapable Blaze》でトドメ。


なお、タミヨウの+能力ではウーロは指定せずに墓地に落としたほうがよいだろうとのことです。(特に、脱出できるだけ墓地にカードがあるときは)
tamiyo


スポンサードリンク