『ヒストリック』環境の《野生の心、セルヴァラ》と《パンハモニコン》を使ったデッキです。

セルヴァラモニコン

出典:Selvala-monicon by SaffronOlive


Lands
1:《爆発域/Blast Zone》
1:《大瀑布/Cascading Cataracts》
3:《ギャレンブリグ城/Castle Garenbrig》
9:《森/Forest》

Creatures
4:《金のガチョウ/Gilded Goose》
1:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4:《絡みつく花面晶体/Tangled Florahedron》
4:《大食のハイドラ/Voracious Hydra》
4:《花の壁/Wall of Blossoms》
4:《ラノワールの幻想家/Llanowar Visionary》
3:《野生の心、セルヴァラ/Selvala, Heart of the Wilds》
1:《意地悪な狼/Wicked Wolf》
4:《不屈の巡礼者、ゴロス/Golos, Tireless Pilgrim》
1:《巨大猿、コグラ/Kogla, the Titan Ape》
1:《女王スズメバチ/Hornet Queen》
2:《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》

Spells
2:《バーラ・ゲドの復活/Bala Ged Recovery》
4:《変わり樹の共生/Turntimber Symbiosis》
4:《パンハモニコン/Panharmonicon》
3:《グレートヘンジ/The Great Henge》

Sideboard
3:《アロサウルス飼い/Allosaurus Shepherd》
4:《墓掘りの檻/Grafdigger's Cage》
3:《刻み角/Manglehorn》
2:《意地悪な狼/Wicked Wolf》
2:《スラーグ牙/Thragtusk》
1:《不滅の太陽/The Immortal Sun》


以下、記事からの抜粋と要約です。

このデッキのメインのシナジーは《パンハモニコン》と《野生の心、セルヴァラ》もしくは《グレートヘンジ》の組み合わせで、大量にカードを引くことができます。
パンハモニコン野生の心、セルヴァラ

《野生の心、セルヴァラ》のカードを引く能力はパワーが最大のクリーチャーを出したときなので安定していません。セルヴァラはマナを出して能力持ちクリーチャーをどんどん場に出していくのに使います。

また、緑単色で《パンハモニコン》デッキを組むメリットとして、マナ加速があります。
《ラノワールの幻想家》はマナ加速できるだけでなく、場に出たときにカードを1枚(パンハモニコンがあれば2枚)ドローできます。その他にも《金のガチョウ》、《エルフの幻想家》、《不屈の巡礼者、ゴロス》などのマナ加速があります。

《女王スズメバチ》は場に出たときにトークンを4個生成するため《パンハモニコン》があれば8個生成されます。《孔蹄のビヒモス》も出せば+10/+10または+20/+20になります。

緑単の悪い点は、序盤をさばく軽量所除去がない点です。

スポンサードリンク