『ゼンディカーの夜明け』スタンダード環境のディミーア(青黒)・ヨーリオンデッキです。

ディミーア・ヨーリオン

mtgazoneから、ミシック帯で回して8-0した青黒ヨーリオン・コントロールです。
青白ヨーリオンが除去不足でグルールやローグに勝てないなら、白じゃなくて黒を足せばいいじゃないというコンセプトのようです。
出典:Top 100 Dimir Yorion Standard Deck Guide: Can a Control Deck be Tier 1?


Lands
4:《清水の小道/Clearwater Pathway》
4:《這い回るやせ地/Crawling Barrens》
4:《寓話の小道/Fabled Passage》
7:《島/Island》
6:《沼/Swamp》
4:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
2:《ゼイゴスのトライオーム/Zagoth Triome》

Creatures
3:《半真実の神託者、アトリス/Atris, Oracle of Half-Truths》
4:《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》

Spells
2:《悪夢の詩神、アショク/Ashiok, Nightmare Muse》
4:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
2:《血の長の渇き/Bloodchief's Thirst》
4:《絶滅の契機/Extinction Event》
2:《塵へのしがみつき/Cling to Dust》
2:《本質の散乱/Essence Scatter》
4:《無情な行動/Heartless Act》
4:《ジュワー島の撹乱/Jwari Disruption》
2:《否認/Negate》
4:《中和/Neutralize》
4:《精神迷わせの秘本/Mazemind Tome》
3:《エルズペスの悪夢/Elspeth's Nightmare》
4:《海の神のお告げ/Omen of the Sea》
1:《サメ台風/Shark Typhoon》

Sideboard
1:《エルズペスの悪夢/Elspeth's Nightmare》
1:《エレボスの介入/Erebos's Intervention》
1:《本質の散乱/Essence Scatter》
4:《神秘の論争/Mystical Dispute》
1:《否認/Negate》
3:《影の評決/Shadows' Verdict》
3:《サメ台風/Shark Typhoon》
1:《空を放浪するもの、ヨーリオン/Yorion, Sky Nomad》


以下、記事からの抜粋と要約です。

コントロールデッキは相手の脅威をさばいてリソースが尽きたとに、相手がさらなる脅威を出してきて対処できずに負けてしまうことがあります。ヨーリオンは場にでてパーマネントをブリンクさせることで後半にアドバンテージを稼ぎます。

《悪夢の詩神、アショク》について、今まで陽の目を見ませんでしたが3ターンで奥義に到達でき、時間稼ぎもできる点は強力です。
悪夢の詩神、アショク

《精霊龍、ウギン》。『どこに行っても、彼を想い出す/Everywhere I go, I see his face』というのはスパイダーマンのセリフ(※)であり、スタンダードプレイヤーも同じことを言っているでしょう。
※管理人注。「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」でアイアンマンのことを思い出しているスパイダーマンのセリフ。

ウギンはとても強力で、大抵は盤面を一掃して勝ちになるでしょう。そのため、毎ターン土地を伸ばして8マナ揃えてウギンを出すのは優先事項です。

《半真実の神託者、アトリス》について、相手は2枚のほうの束に土地と弱い呪文、1枚のほうに強力な呪文を入れてきますが、土地を伸ばしたいこのデッキにおいては2枚のほうも嬉しい選択肢になります。
半真実の神託者、アトリス
スポンサードリンク