『ゼンディカーの夜明け』スタンダード環境のグリクシス・コントロールです。

グリクシス・コントロール

出典:Fish Five-0: Everybody Loves Grixis


Lands
4:《清水の小道/Clearwater Pathway》
1:《島/Island》
1:《山/Mountain》
4:《河川滑りの小道/Riverglide Pathway》
1:《沼/Swamp》
4:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
4:《天啓の神殿/Temple of Epiphany》

Creatures
2:《死の飢えのタイタン、クロクサ/Kroxa, Titan of Death's Hunger》
3:《砕骨の巨人/Bonecrusher Giant》

Spells
2:《悪夢の詩神、アショク/Ashiok, Nightmare Muse》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
3:《血の長の渇き/Bloodchief's Thirst》
2:《塵へのしがみつき/Cling to Dust》
2:《棘平原の危険/Spikefield Hazard》
3:《本質の散乱/Essence Scatter》
3:《無情な行動/Heartless Act》
1:《否認/Negate》
3:《髑髏砕きの一撃/Shatterskull Smashing》
4:《中和/Neutralize》
3:《絶滅の契機/Extinction Event》
2:《ハグラの噛み殺し/Hagra Mauling》
1:《海門修復/Sea Gate Restoration》
3:《精神迷わせの秘本/Mazemind Tome》
3:《サメ台風/Shark Typhoon》


Sideboard
1:《塵へのしがみつき/Cling to Dust》
1:《魂標ランタン/Soul-Guide Lantern》
2:《大群への給餌/Feed the Swarm》
2:《否認/Negate》
1:《切り裂かれた帆/Shredded Sails》
2:《厚かましい借り手/Brazen Borrower》
2:《神秘の論争/Mystical Dispute》
2:《魂の粉砕/Soul Shatter》
1:《絶滅の契機/Extinction Event》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Drag


以下、記事からの抜粋と要約です。

青黒2色のディミーア・コントロールではなく、赤を足してグリクシスにすることで《ガラクの先触れ》に対して《砕骨の巨人》で対処することができ、フィニッシャーとしてクロクサも採用できます。
ガラクの先触れredgiant

《塵へのしがみつき》はわずか1マナで相手のクロクサ等を追放して3点ゲインでき、カードドローに変えることもできます。
塵へのしがみつき

《切り裂かれた帆》は《グレートヘンジ》、《エンバレスの宝剣》、《サメ台風》のトークン、そして《精神迷わせの秘本》に対処できます。
切り裂かれた帆


デッキを回してみた結果、5勝はできましたが《精神迷わせの秘本》とクロクサはもう1枚ずつ加えてもいいかなと思いました。

スポンサードリンク