『ゼンディカーの夜明け』スタンダード環境のパーティー要素を取り入れたラクドス・アグロです。

ラクドス・パーティー・アグロ

mtggoldfishの低予算デッキコーナーから。今回はArenaのワイルドカードの消費枚数も神話レア2枚、通常レア2枚に抑えたデッキとのことです。
出典:Budget Magic: 2 Mythic/2 Rare Rakdos Party Aggro (Standard) by SaffronOlive


Lands
4:《血溜まりの洞窟/Bloodfell Caves》
1:《ロークスワイン城/Castle Locthwain》
9:《山/Mountain》
9:《沼/Swamp》

Creatures
4:《魔王の器/Archfiend's Vessel》
3:《火刃の突撃者/Fireblade Charger》
4:《収得の熟練者/Acquisitions Expert》
4:《地割れの魔術師/Fissure Wizard》
4:《グロータグの虫捕り/Grotag Bug-Catcher》
1:《死の飢えのタイタン、クロクサ/Kroxa, Titan of Death's Hunger》
4:《マラキールの血僧侶/Malakir Blood-Priest》
1:《義賊/Robber of the Rich》

Spells

4:《村の儀式/Village Rites》
2:《大群への給餌/Feed the Swarm》
4:《死住まいの呼び声/Call of the Death-Dweller》
2:《命取りの協力/Deadly Alliance》

Sideboard
1:《夢の巣のルールス/Lurrus of the Dream-Den》
4:《強迫/Duress》
3:《ショック/Shock》
2:《大群への給餌/Feed the Swarm》
2:《焦熱の竜火/Scorching Dragonfire》
2:《切り裂かれた帆/Shredded Sails》
1:《精神流出/Mind Drain》


以下、記事からの抜粋と要約です。

このデッキはリアニメイト要素は主とはしておらず、パーティーに関係するカードで強化して殴るほうが主なプランです。

《地割れの魔術師》はウィザード枠です。2ターン目に《魔王の器》を捨てて3ターン目に《死住まいの呼び声》を出すことができれば3ターン目に5/5が出せます。
地割れの魔術師

《マラキールの血僧侶》はパーティーが揃っていれば大きなダメージを与えてゲームを終わらせることができ、《村の儀式》で墓地に送ってルールスや《死住まいの呼び声》で場に戻せばさらにダメージを与えることができます。
マラキールの血僧侶

《火刃の突撃者》は装備品がないこのデッキではただの1マナ1/1なのですが、パーティーの頭数を低マナで揃えることができるため採用しています。
一方、《グロータグの虫捕り》はパーティーが揃えば2マナの割にすばらしい大きさになります。
グロータグの虫捕り

《死の飢えのタイタン、クロクサ》は、ルールスとのコンボで毎ターン脱出して相手の手札を破壊するだけでなく、ローグデッキがこちらの墓地を増やしてきても墓地を脱出で減らすことでローグがパワーアップするのを邪魔します。


デッキを回した結果、成績は4勝3敗で、デッキ自体は強かったものの土地代をケチっているせいで土地事故で負けたほうが多かったとのことです。
元記事中にはもっと低予算バージョンと、予算制限なしバージョンのリストも掲載されています。
スポンサードリンク