Jim Davisによる恒例の、アーリーアクセスで試してみた新デッキとその評価の紹介です。

1位は《睡蓮のコブラ 》、オムナス等が入ったデッキですが、以下、それ以外で評価が高かった2つのデッキです。

出典:Ten New Zendikar Rising Standard Brews! By Jim Davis

エンチャント

Lands
1 《山/Mountain》
5 《森/Forest》
5 《平地/Plains》
2 《針縁の小道/Needleverge Pathway》
4 《岩山被りの小道/Cragcrown Pathway》
4 《寓話の小道/Fabled Passage》
4 《豊潤の神殿/Temple of Plenty》

Creatures
3 《世界を彫る者、ファイラス/Phylath, World Sculptor》
4 《イリーシア木立のドライアド/Dryad of the Ilysian Grove》
4 《ネシアンの放浪者/Nessian Wanderer》
4 《セテッサの勇者/Setessan Champion》

Spells
2 《払拭の光/Banishing Light》
2 《エルズペス、死に打ち勝つ/Elspeth Conquers Death》
2 《信仰の足枷/Faith's Fetters》
2 《ヴァラクートの探検/Valakut Exploration》
4 《フェリダーの撤退/Felidar Retreat》
4 《メレティス誕生/The Birth of Meletis》
4 《狼柳の安息所/Wolfwillow Haven》

Sideboard
なし

テーロスの《イリーシア木立のドライアド》や《セテッサの勇者》といったエンチャントデッキに《フェリダーの撤退》を加えたデッキ。
jp_jXPJ8Cx6vI

また、自軍全体に+1/+1カウンターをばらまく《フェリダーの撤退》と相性のよい、場に出たときに植物トークンを大量に生成する《世界を彫る者、ファイラス》も採用しています。
世界を彫る者、ファイラス


ローグ

Lands
6:《島/Island》
6:《沼/Swamp》
2:《寓話の小道/Fabled Passage》
4:《清水の小道/Clearwater Pathway》
4:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》

Creatures
2:《トリックスター、ザレス・サン/Zareth San, the Trickster》
3:《ズーラポートの決闘者/Zulaport Duelist》
4:《厚かましい借り手/Brazen Borrower》
4:《マーフォークの風泥棒/Merfolk Windrobber》
4:《滑りかすれ/Slitherwisp》
4:《空飛ぶ思考盗み/Soaring Thought-Thief》
4:《盗賊ギルドの処罰者/Thieves' Guild Enforcer》

Spells
2:《食らいつくし/Eat to Extinction》
2:《否認/Negate》
3:《取り除き/Eliminate》
4:《湖での水難/Drown in the Loch》
2:《アガディームの覚醒/Agadeem's Awakening》

Sideboard
なし


『ゼンディカーの夜明け』でプッシュされている種族である「ローグ」を使ったデッキ。
トリックスター、ザレス・サン

スポンサードリンク