8月13日(日本時間だと8月14日)から9月17日(ゼンディカーの夜明けがリリースされるまで)の期間、Arenaで『エルドレインの王権』以降(エルドレイン、テーロス、イコリア、M21)のみが使用できるフォーマットが登場します。

mtgazoneにその環境のデッキ案が公開されていました。
ブックマークしておいて後で見るようにとのことです。

Budget Standard 2021 Decklists
→上記ページの中断から下あたりに、大量のデッキリストがあります。

公式記事からのスタンダード2021についての抜粋は以下のとおり。

スタンダード2021
 暫定的な環境ではありますが、8月14日より「プレイ:スタンダード2021」と「ランク戦:スタンダード2021」の2つのモードが追加されます。どちらもBO1で、『エルドレインの王権』以降のカードのみ使用できます。これらのモードは次のローテーションを体験する機会となり、現行スタンダードをちょっとお休みして新しいデッキを試したい方におすすめです。

 これらのモードは9月18日までプレイでき、その終了をもってローテーションが行われ、以降は「スタンダード2021」が「スタンダード」になります。また、8月23~28日には「職工:スタンダード2021」イベントも行われますので、お楽しみに。

スポンサードリンク