『基本セット2021』スタンダード環境の、祭殿デッキです。

5色・祭殿

mtggoldfishの変わったデッキを考えて紹介するコーナーからです。
出典:Against the Odds: Five-Color Shrines (Standard) by SaffronOlive

Lands
1 x アゾリウスのギルド門
1 x ボロスのギルド門
2 x 繁殖池
1 x ディミーアのギルド門
1 x 森
1 x ゴルガリのギルド門
2 x グルールのギルド門/
1 x 島
1 x イゼットのギルド門
1 x 山
1 x オルゾフのギルド門
1 x 平地
3 x 調和の公有地
1 x ラクドスのギルド門
1 x セレズニアのギルド門
4 x シミックのギルド門
1 x 蒸気孔
1 x 踏み鳴らされる地
1 x 沼

Creatures
3 x 自然の怒りのタイタン、ウーロ

Spells
4 x 成長のらせん
4 x 燃え立つ門
4 x 意味の渇望
4 x 迂回路
1 x 穏やかな光の聖域
2 x 石の牙の聖域
3 x 豊かな実りの聖域
2 x 廃れた高地の聖域
3 x 静かな水の聖域
4 x 万物の聖域
Sideboard
3 x 否認
4 x 門破りの雄羊
2 x ギルド会談
3 x 神秘の論争
2 x 空の粉砕
1 x アーチ道の天使

以下、記事からの抜粋と要約です。

祭殿デッキを組むにあたっては、デッキの多くのスロットを祭殿で絞められてしまうためその他のカードをあまり採用できないという特徴があります。そのため、土地も有効かつようすべくギルド門デッキの要素も取り入れました。

各種聖域は伝説のカードであるためデッキに4枚は入れたくありませんが、《万物の聖域》で枚数を絞ってもデッキから探してくることができます。
万物の聖域

また、《万物の聖域》は墓地からも祭殿を場に戻せるため、相手が墓地対策をしてない限りは、《意味の渇望》などで序盤はそのときは不要な祭殿を捨ててしまうこともできます。

《豊かな実りの聖域》はマナ加速になるだけでなく、好きな色のマナがでるため色事故を回避してくれます。
豊かな実りの聖域

《静かな水の聖域》は、伝説なせいで手札にかさばっている不要な聖域を違うカードに変えることができ、複数枚祭殿があれば毎ターンただでドローできます。
静かな水の聖域

《石の牙の聖域》は、このデッキにおけるフィニッシャーです。
石の牙の聖域

《廃れた高地の聖域》は、このデッキにおける除去ですが、土地だけでなく祭殿も捨てることができるため、後半は不要になった祭殿を活用することができます。《石の牙の聖域》と《廃れた高地の聖域》は序盤に優先して出したい祭殿ではないため枚数を2枚におさえています。
廃れた高地の聖域

《穏やかな光の聖域》は、一番弱い祭殿で能力を起動したこともありませんが、他の祭殿のために入れています。
穏やかな光の聖域


プレイした結果は、3勝2敗でした。昔の祭殿デッキよりは強くなりましたが、現在のトップメタにいるバント・カラーのデッキがテフェリー、ウギン、《エルズペス、死に打ち勝つ》、《秋の騎士》などなど、このデッキへ有効なカードが山盛りでマッチアップが悪夢です。

スポンサードリンク